プロフィール

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”間違えて買った”ものの… 時給戦士スマイルバン・1~4巻(爬沼庵・久保書店ワールドCSp)

前述の「好校シンドローム」を購入してから数日後、次なるブツを求めて、私は八百屋の裏の本屋に再び出掛けました。そして、「好校~」の隣に並んでいた同じレーベルの本を手にしたのですが、困った事にこれがぜんぜん”そーいう本”じゃありませんでした。正直落胆しましたね(笑)。

で、それがこの「時給戦士スマイルバン」だった訳です。実はこれについても以前某所で触れているので、引用してみます。

 

タイトル 時給戦士スマイルバン 発売元 爬沼庵/久保書店ワールドコミックスSp
果物娘 矢島絵里 お相手 真堂寺舞
最大風速 後ろから抱きつく 筆者評価 ☆☆☆☆★
あらすじ 日本マクロナルドの平和を守る時給戦士・スマイルバンこと真堂寺舞。表の姿は十条店の接客クルーである。彼女が初めてトレーニング担当を務めたアルバイト・絵里は、彼女にほのかな思いを秘めていて・・・。
このペンネームは既に捨てた(はずなのに、フィギュア/プラモ系の雑誌では何故か良く見かける)爬沼庵が、今は亡き(こんなんばっかですが)レモンピープルに連載した長編パロディギャグです。当初設定では敵方のサンディーヌ将軍(♀)には二人の愛人(♀)がいたりして、もっと果物な展開になるのではないかと思われたのですが、上に挙げた二人の関係も含めてなぁなぁになってしまった感があります(絵里ちゃん○○だし)。

 

ここでは結構厳しい事書いてますが、漫画としてはかなり好きな部類に入ってます(この漫画で出てくるフレーズが、今でもたまに口に出るくらいなんで)。ただまぁ、ここまで前振りで果物設定にしておきながら、しかもあの「レモンピープル」に載っていた割には、ぜーんぜん18禁にならんのが今でも不思議ではあります(何故か、他人の書いたゲームブック版「追跡!謎のG計画プロジェクト」には18禁展開がありましたが)。

この4冊(恐ろしい事に、まだ1・3巻はアマゾンで注文できます。流石久保書店)と、「鉄金剛機動剣」を出しただけで、この作者の名は久保書店の雑誌から姿を消してしまう訳ですが、後年、思わぬところで再会する事になります。そうです、「スーパーロボットマガジン」です(まぁ、「超絶プラモ道」とかの文章での著作や、「Bクラブ」あたりでのカットは見掛けてたんですが…)。まぁここまで行くと果物全然関係ないんだけどね(笑)。

あと、この人は一時ホビー誌「DO-PE」の編集にも携わっていて、毎回珍妙な特集記事を繰り広げておりました(温泉旅館で水中モーター大戦とか(笑))。この雑誌の同人誌紹介コーナーで見たある同人誌が、私の人生を更に歪めていく訳ですが、それについてはまた次回という事で。


スポンサーサイト
坂道を転げおちるように あぶない姉妹(円谷なおと・フランス書院コミック文庫)

最初に買ったのは「好校シンドローム」だった事は前述しましたが、ではその次に買ったのは何か?というと、どうも円谷なおとの「あぶない姉妹」だったようです(この間に、”成年コミックと間違えて買った”ある漫画が入るのですが、それについては別に触れます)。

現在まで延々と続くPC生活のスタートが、中学生の時に購入したPC6001mk2だった事は以前にも何度か書きましたが(実はその前にワンボードマイコン・TK85を購入しているんですが、まともに使えていたとはとても云えないもので…)、当時通っていた「メルバ」というパソコンショップのハス向かいにあった小さな本屋で見つけたのがこの本でした。横山光輝の「仮面の忍者赤影」の下に隠すようにして、こそこそと購入したのを今でも覚えています(今では全然平気ですが)。

で、この本ですが、フランス書院文庫から出ていた風間潤「美少女姉妹 誠子と祐子」のコミカライズ版です。ネット上で公開されているコミック文庫のリストを見れば判るように、初期の同レーベルは同社小説の劇画化(と旧作の再販)が主体で、いわゆる美少女系の絵柄とかけ離れていました(いや、円谷なおとの絵は確かに劇画じゃなかったけど…ねぇ)。そんな訳で私の好みからはかなりズレているんですが、まぁ当時は果物ネタに飢えてたからねぇ…。

ストーリーとしては、父親の暴行に耐えていた薄幸の姉妹が一人の♂を愛してしまい…という♂1♀2の三角関係ネタなんですが、実は血が繋がっていなかった姉妹が本当に愛していたのはお互いだけだったというラストを迎えます。そんな訳で実はこの話、レズシーンは最後の4ページくらいしかありません(笑)。いやまぁ、当時は飢えてたからねぇ…。後に前述の原作を入手して読んでみましたが、個人的にはそっちの方が良かった気がします(いや、やっぱりオチだけで分量は全然足りませんが)。

なお、絵柄がまるで合わなかった事もあり、この人の漫画はその後購入してません。従って、この人の果物作品履歴は不明です(アマゾンで12冊引っ掛かりますな)。

 


最初に買った18禁コミック 好校シンドローム(オーヤ舞・久保書店ワールドCSp)

このカテゴリでは、年寄りの愚痴でも並べて行こうかと思います。

私が最初に購入したいわゆる”成年コミック”は、オーヤ舞「○好校シンドローム」でした。初手から♀♀モノだってのが業の深さを物語りますな。当時何故か町内の八百屋が副業で始めた書店(後にレンタルビデオ専業になりましたが)で購入した記憶があります。既にコンプティークの袋とじやらテクノポリスの特集やらでそーいう世界が広がっている事は知っていた訳ですが、やっぱ自分で買うのはそーとう恥ずかしかった記憶があります。逃げるように出てきたよ(笑)。

この本については遥か昔に某所で取り挙げたんで、そこから引用してみます。

 

タイトル SanitationCommittee 発売元 オーヤ舞/久保書店ワールドコミックスSp
(単行本「好校シンドローム」収録)
果物娘 大和(名前不明) お相手 名前不明
最大風速 気を失っている所を悪戯 筆者評価 ☆☆★★★
あらすじ 校医の先生(♂)は保険委員の大和に持論を展開する。「医師と患者の間には信頼関係が必要で、その為にはスキンシップが一番の早道だ。その関係が保険委員と学生の間にも必要なのだ」と。そんな折、女生徒が体調の相談の為、保健室にやってきた。彼は大和に「信頼関係の確立の実践」を要求して・・・。
当初はパラレルクリエーション(ゆうきまさみやとりみきがいた創作集団)にいたような気もする、オーヤ舞の短編集です。実は私が初めて買ったこの手の本でして(笑)、妙に思い入れがあったりしますが、内容的にはそうでもありません。この本のメインである「D」のシリーズも果物といえば果物なんですが、相手が「愛した男の妹」という事と、主人公が人間じゃない事を考慮してハズしてみました。同作者の作品としては「 闇の薔薇戦士(久保書店ワールドコミックスSp)」もそういう要素を持ってます(三角関係の頂点(♂)が欠けてしまったが為に、憎み合えずに愛し合ってしまった姫君と女騎士のお話。これを果物というかどうかは判りませんが・・・)。

 

ここでは趣旨から外れるという事で除外していた(というより、この頃は1人1話シバリで運営してたんで、全部書く訳もいかんかったのですが)ものの、個人的には「D」のシリーズは好きでした。 当時は金もなかったんで何度も繰り返し読んでたからねぇ…。魔族であるが故に、愛した♂を殺してしまったヒロインと、そうとは知らずに彼女の庇護下に置かれている半人前な退魔士の少女の話でして、変則といえば変則なんですが、今でも私個人の果物志向への影響はかなり強いものがあります(恐らく誰にでもあるんじゃないかと思いますが、スタートラインへの思い入れってのはどーしても強くなってしまいますわな)。

で、今回色々と検索してみたんですが、一番びっくりしたのはこの本がまだ絶版していない事(笑)。他にも何冊か(おおやまさひろで1冊、梅本泉で1冊、オーヤ舞で3冊、おおや舞で2冊で全7冊?)単行本が出てるんですが、アマゾンではこの本だけが出版社(久保書店)注文で入手できるようです。

あと、まだこの方同人&ネット上で活動なさってるみたいですね(HP/ブログも存在します)。商業誌活動の後期はファミコン4コマとかパロディ系(コミックガンバスターで見掛けたような…)に移ってしまい、90年代前半から単行本は出てないようですが…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。