プロフィール

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華のパレット・1巻(戸田陽近・オークス華陵C)

帯と背のあらすじ読んで(多少の不安を覚えつつも)購入してました。本線は強引な天才児(でも馬鹿)に振り回されるニンフォマニア的オンナノコという、この手の話では良く見る話(いい例が思い浮かびませんが、「ランス」辺りが近いか?)なんですが、掲載誌とタイトルが変わった第4話以降にフックがあります。

”憧れのスミレ先輩に『いぢめて』欲しいと願う少女・ミコト。級友の「まず相手を良く知る事が大事なのでは?」という(迂闊な)発言を真に受けて、ストーカー紛いの観察を始めて彼女だったが、スミレの本性と♂恋人有りという発言に落ち込んでしまう。ところが何の因果か、寮の修繕の為にスミレの同室になってしまい…”といった感じで展開するこの話、もう一人のルームメイト・アキラの余計なお節介の末に肉体的に結ばれてしまい、奇妙な三角関係が始まる…んじゃないかと思うんですが、いきなり番外編(ミコト・アキラ中学生編)に突入してしまい、何が何やら良く判らないうちに1巻が終了してしまいました。

最終的に本線に収まるとはとても思えない(但し、♂恋人の方は彼女がアキラやミコトと絡み合っていてもあんまり気にしてませんが)んで、2巻以降どうなるかは不明ですが、♀♀描写は濃厚なんでまぁ良いのではないかと(♂出てくると全然ダメという方には向いてませんが)。


スポンサーサイト
南波と海鈴・2巻(南方純・一迅社yhC)
全然関係ありませんが、7月末のメガミマガジン(次の次の号ですな)の表紙が何故か「なのは」だそうです(情報元は某まんが王倶楽部。ってーか、そろそろ次号の早売りが出てる頃ですか)。3枚目のサウンドステージMも付くようですが、こりゃやっぱり4期が来ますかね(水面下では動いているという話でしたし)。

何度も書いてますが、今月は全般的に処理速度が遅れてまして、「百合姫S」新刊にすら触れてない状況なんですが、yhCも1冊出てるんですな(百合姫の前号では7月配本まで予定がない雰囲気だったんですが…)。という訳で、厚みだけだと萌え4コマみたいですが、内容的にはショートストーリーなコイツの2巻です。管理者は既にyhCは全巻買う覚悟が完了しているんで(マーメイドラインの時にちと悩んだんですが)、取り敢えず買うて来ましたが、内容的にはどーこーいうような話でもありませんので、絵を見て合えば買う、ダメならスルー位の判断でお願いいたします。あぁそうだ、二人の出会いを描いた番外編が巻末に掲載されてますんで、そちらに興味ある方はチェック入れといた方が良いでしょう。

やっぱり、あんまり「ほぉら、お前らこーいうの好きだろう?」みたいにされてしまうと、幾分引いてしまう部分が… まぁ百合姫全体に云える事なんですがね。

ふらふろ・1巻(カネコマサル・芳文社まんがタイムKRC)

女二人同居生活ネタなんですが、金も仕事も色気もないノンベンダラリとした耐貧生活モノに終始してますんで、流石にこれを果物言い張るのは無理があると思います。つーか、「トリコロ」とかあーいう華やいだオンナノコ同居ネタってよりも「プー一族」とか「県立地球防衛軍(の森田&助久保)」とか、あーいったノリの話になってます(「苺ましまろ」とかを目指して微妙に外したんだと思いますが)。果物期待ならスルーでも良いかと。

…あぁそーだ、体裁も掲載誌も4コマ(きららキャラット)ですが、4コマじゃありません。


ストライクウィッチーズ・3巻(ヤマグチノボル・角川書店スニーカー文庫)

昔、吉岡平は(多分”古い方の”タイラーで)、「零戦にゼロセンとルビ振る奴ぁ三流だ。レイセン、或いはゼロファイターと書かなきゃ嘘だろうJk」みたいな事を書いていましたが、私も全くその通りだと思います。そもそも兵器運用における性能の優劣なんてのは単体性能で決まる訳じゃなく(そーいうタワ事抜かしても許されるのは某第三帝国だけです。国敗れて技術あり)、陸軍機の方が性能上じゃないか云われても納得できる筈もなく そもそも三式戦どころか二式すら有効に使われたとは云い難い訳で。いやまぁ、そもそも戦争負けたのは、単なる陸軍への面当てだけでイラン奇襲攻撃掛けて、寝た子を起こした海軍にあるとは思いますが。良く「今度はイタリア抜きで」とかネタで云われますが、ドイツ的には戦線を無意味に拡大させられたという点では日伊どっちも変わらん気が…。とまぁ、例によって他意もないネタ振り(棒)から始まりますが、本題へと入ります。

恐ろしい事にアニメ化も決まった本作品ですが、小説版では別戦線での戦いが描かれています(相互のキャラに繋がりもありますが、気になる人は公式HPでもチェックしてください)。”2巻での失恋(笑)から立ち直れない状態を付け込まれ、とうとうハルカに『撃墜』されてしまった智子。端からソノ気があったのかと苦悩する彼女の前に、イタリアからの補充兵・ジュゼッピーナが現れる。不思議な瞳、そして旧式機とは思えぬ強烈な空戦機動を見せる彼女に惹かれて行く智子…と嫉妬の炎を燃え上がらせるハルカの運命は如何に”といった感じの内容になっとります。相変わらず個人的に好きな要素満載なのに全然ノれない内容なのが辛い所ではありますが、直球の♀♀描写も健在なんで、抵抗ない方はチェック入れてみても良いかも知れません。


レズール・2~3号(18禁グラビア誌・イデア企画)/レディ&レディ・2号(18禁グラビア誌・司書房)

えーと、”ネタはあるのに処理時間がない”とか云いながら、こんなもの採り上げてる暇があるのかと云われると非常に困ってしまいますが(笑)、書くだけ書いとかないと処分も出来んので触れておきます。

いわゆるA5グラビア誌になる訳ですが、「本格的レズ専門誌(レズール表紙より)」というアオリが、一体どういう意味で「本格的」なのかが色々と問題になってきます。でまぁ、この雑誌に関して云えば(当然の事ながら)”アニースとかカーミラとは別の意味で『本格』”という事なんでしょう。…いやまぁ、こんなんで本格名乗って良いのかと云われれば、ダメだろう、と答えるしかない訳ですが。

この手の雑誌では良くあるグラビア+体験告白+よく判らんコラムという構成なんですが、その辺は無視するとして、個人的にはこれにしか用がない掲載漫画について触れていきます。

  • 吉原ひたち「ROMANCING EMIRY(レズール・2号)」…美少女の大量失踪と、捜索部隊の全滅。 業を煮やした国王は子飼いの女戦士を探索に当たらせるのだが…
  • やがみだい「お隣りのお姉さん(レズール・3号)」…お目付け役の隣家のお姉さんに秘蔵のバ○ブを発見されてしまった少女。 口封じの為に一服盛って押し倒したのはいいが…
  • ローズラン「コスプレ・レズビアン(レディ&レディ・2号)」…イベント会社で何故かコスプレ営業をさせられているヒロイン。 ちやほやされる同僚に嫉妬心メラメラの彼女だったが、ふとした弾みに…

といった感じで、それぞれ1本づつ掲載されてますが、まぁ元々オヤジ向けな本の上、90年代テイストに満ち溢れた内容なんで、楽しいかというと疑問が…。無理から探す程の事はありませんな、やっぱり。


プアプアLIPS・1巻(後藤羽矢子・竹書房バンブーC)

せめて今月20エントリは維持したいんですが、あと二日か…ネタは山になっとるんですが、何せ消化速度が追いついてませんな。取り敢えず”色々あった”コレを。

掲載誌・まんがライフをここ数年買い続けております。理由は現在連載中の竹本作品最大の萌えキャラと呼ばれる、”吉田君のお母さん(濃いAVマニア)” 辺りにある訳ですが(笑)、その他にも「ポヨ」とか「くり子」とかとか、個人的に読める作品が並んでるんで、毎月楽しみな雑誌ではあります。でまぁ、この雑誌のメインは長らく丹沢恵だった訳ですが、その後「どきどき姉弟ライフ」「耕して▽フォーリンLOVE」と連続してメインを張ったのがこの方です。現在のメインは「動物のおしゃべり」なんですが、相変わらず前の方に載っているという事は、それなりに戦力として考えられているんでしょう。ただまぁ、何にせよ(基本OL向けと云われるライフの作品群の中では)特殊なネタではあるんですが…。

”貧乏娘・ナコは時給2千円につられて、場違いな事甚だしい宝石店のバイトに応募する。案の定高い競争率だったものの、オーナー・レンの爆弾発言に蜘蛛の子散らす状態となり、ただ一人残った彼女が採用され…”といった感じで始まるこの話、幸薄いナコと、世間知らずの大金持ちという属性が災いして、毎回毎回恋人の変心に傷つけられているレンの、ぎこちない心の交流を描いていきます。

前々から何度も書いている通り、例の「ラブタンバリン」以来、この方の作品に関しての不信感は払拭できないんですが、直球といえばこれほど直球な話もないんで、抵抗無い方はチェック入れても良いのではないかと思います。あぁそーだ。収録されたのは2008年4月号分(18話)までなんで、未収録が3話出ています。まぁこの人の連載が単行本化されないとも思えないんで、無理から追う必要もないかと思いますが。


まんがタイムきららフォワード・2008年8月号(コミック誌・芳文社)

めでたく7月末に無事コミックス1巻の発売が決まりました、松本ミトヒ。「メガミのカゴ」ですが、実は物凄く暗雲が垂れ込めて参りました。この手の学園便利屋ネタではお約束の『敵』・風紀委員の八重樫さんが登場、小姑並に些細な事に厳しい彼女への怨嗟の声に、我等がメガミのカゴ部は立ち上がる訳ですが、彼女の『理由』というのが…うーむ、恐らく肩透かしで終わるとは思うんですが、”日本三大女子校ネタでやっちゃダメな展開 (共学化/♂1匹特別編入/♂教師ハーレムネタの3つ)”の一つ、ってのはなぁ、流石に…。

巻末の読切、T彦「GGGさくら!」は女子サッカーネタです。”ひたすら『頭にモノが当たる』という呪いにかかっているヒロイン。そんな彼女は『能力』を買われて、ヘディング専門のストライカーを務めているのだが…”といった感じのこの話、まぁ果物云々ってーより、単なる女子スポーツ友情モノと考えた方が無難だとは思います。


コミック電撃大王・2008年8月号(コミック誌・メディアワークス)

リニューアルという事で久々に買ってきましたが、どうやら正解だったようです。海藍「トリコロ」の久々の新作が、”別冊付録の方に”” 2ページだけ”戻って参りました。マキちーのダイエット話ですが、にわちゃん居ません(泣)。ハシラには”連載再開に向けて残機を貯めてます”と書いてありますが、何時の間にスペランカー様にクラスチェンジしたんでしょーか…。

購入した本来の理由は、表紙にあった森山大輔「魔法医猫といばら姫」なんですが、こっちもアタリ。”女子校寄宿舎のルームメイトが謎の眠り病に。魔法医を名乗る怪しげな猫耳校医の力を借りて、その『原因』を探る事になった少女だったが…”という訳で、かなり直球な話になっとります。

こちらも他に対象になる話が幾つかありますが、単行本フォローなんで後日という事で。


コミックアライブ・2008年8月号(コミック誌・メディアファクトリー)

今月は「しはる」がお休み、「おまかせ精霊」が縮小版という事で、少々寂しいアライブです。

ここの所新連載ラッシュが続いているアライブですが、巻中カラーで始まった士士大介「聖戦テイルズ」が女子高ネタになっとります。”形見のリボンで長い黒髪を結わえ、母の母校へと転入した少女・昴は、転校早々、学園を牛耳る『聖徒会』と対立する事となる。信仰心なきモノを異端として排除しようとする彼女らによりリボンを切り裂かれた彼女は…”という事で、ありがちな学園闘争モノに展開してくんじゃないかと思われます。元々は成年系の人みたいですが、果物云々いうような話になるかどうかは、次号の展開次第ですかね。

前号から始まった草壁レイ「いいなり!!吸血姫」の方は、同居系(というか、オバQ系)のネタに展開していくようです。サービスシーン溢れるカット割もありますが、果物的にはあんまり美味しくはありませんな。こちらも様子見継続。

前号通知のあった小原慎司「二十面相の娘」の番外編、「少女探偵団」は、チコ・春華・トメの三人娘の話になりました。夜な夜な現れては少年達を殴り倒す『辻殴り もうちっと何とかならんかったのか>春華』を捕まえるべく、少年に化けてのおとり捜査と相成った訳ですが…トメさん何気にキツし(笑)。

そしてこの雑誌のメイン、いけだたかし「ささめきこと」は16話。汐をロッテから遠ざける為に行った苦肉の策が裏目に出まくり、取り返しの付かない状況になりつつある純夏です。今回は病魔に倒れたロットを巡り、言い争いの末に…ってな事で、とうとう汐にキツい言葉を叩き付けてしまった彼女なんですが…いや、本人がどう思っているかはともかく、割と効果的だった模様ですな。もう一歩前進出来ますでしょうか?


チャンピオンRED・2008年8月号(コミック誌・秋田書店)

4ヶ月ぶりに買ったんですが、この間に前回ちょっと触れた飯森広一氏の訃報が… 人生とは他人の死を見送る事だって云ったのは誰だったか忘れましたが、うーむ…。

八神健「どきどき魔女神判」が、やりたい放題の末の最終回を迎えております(今回は割と判り易い元ネタばっかりだったと思いますが)。いやまぁ、巻末作者コメントまでアレのパロディやってどーすんだという気もしますが。という訳で「魔女神判2」に続くとの事。

久々に買ったのは某所で触れられていた海月れおな「おともらちぃ」の紹介のされ方がちと気になったからなんですが…こりゃ少々深読みし過ぎました(笑)。チャンピオンREDらしいロリでピスな話で、果物といえば果物なんですが、ちとこれは扱いに困りますな。

他にも幾つか単行本フォローの作品はありますが、そちらは後日という事で。

 


咲・4巻(小林立・スクウェアエニックスヤングガンガンC)

今月はどーにも気力が湧かずに、本来触れとかないとイケない筈の本を大分スルーしちゃってるんですが(購入してはいるんですが、すっかりアマゾン頼りになってしまった為、konozama食らってる内に書き込む機会を失ってますな。ガソリン高騰の影響をなるたけ避けようとすると、どうしてもねぇ…)、なるべくフォロー入れてきます。でまぁ、取り敢えずコイツ。

前巻では麻雀漫画としての「咲」に多少苦言を発したのですが、今回はなんというか、それ以前に「対決漫画」としてどーかという気がして仕方ありません。まぁ元々対決モノとしては無理が有り過ぎるルール(決勝5戦だけで最低15人はそれなりの個性を持った敵キャラを作らなければならない上 そんなん片山まさゆきだって無理だ、対決漫画では必須の『一対一』という状況が、麻雀ではまず成立しないんで、ホントは一工夫必要な筈なんですがねぇ…)なのはともかく、終盤の緊張した削り合いとかなければ盛り上がる訳もなく、サブヒロイン・和の対局だというのに、エラく淡々と流されてしまいました(つーか、透華の空回りだけ見せられてもなぁ…)。次巻以降ようやくお目覚めの主人公と、強大な敵・衣の対決となる訳ですが、これもまたこんなのだと、結構辛いような気がします。ただまぁ、この手の話で”主人公が舞台に立った時、トップに立っている(=先行逃げ切りを要求されている)”ってのは珍しいんで、その辺をうまく生かしてくれるといいんですが。

とはいえ、この漫画読んでる人にとってはそんな事は些細な事なのかも知れません、という事で、恐らくこっちが本題、萌え漫画としての「咲」はどーだったかというと、これは相変わらず強烈ではあります。この巻では”地味な私を認めてくれた、大好きな先輩”の為に戦うステルス少女・桃子辺りが直球になっとります(まぁこの娘も雀士としての能力はどーかと思うんですが。もっとハッタリが効かせ易い設定にしてれば、このステルスモードも使いようがあったんでしょうが)。あとはまぁ、すっかり目的が「頑なな父に自分の趣味を認めさせたい」から「咲とずっと一緒に居たい」にすりかわっている和の一喜一憂ぶりですかね。


リリスにおまかせ!(麻宮楓・メディアワークス電撃文庫)

まぁ別にこの本に限った話ではありませんが、”設定の大半を説明しないで済むのが楽”だってのは判りますが、あんまり直球でヨソサマの宗教ネタばっかり使ってると、その内暗殺指令とか食らいそうで心配になってくるんですが、せめてちっと位はボカす程度の配慮は出来ないんですかねぇ…まぁこの辺の日本人の感覚を真面目に宗教信じちゃってる方々に理解しろってのも無理だとは思うんですが 誰がどう考えても先祖代々仏教徒だったのを、いつの間にやら数千年の歴史がある(と言い張っている)新興宗教の教祖様に祭り上げて疑問にも思わない訳で。この国のいーかげんな宗教観って奴は

とまぁ、危ないネタはさらりと流して 流れてませんかそうですか、本題に入ります。”神々との闘争に敗れ、ちっぽけな少女の姿に身をやつした魔王・サタン。護衛と世話役を兼ねて生み出された使い魔の少女・リリスは、復活の為にエネルギーを温存している(と称して、実は単なる引き篭もりのダメ人間っぽい)サタンの為に、小さな悪からこつこつと、人間の些細な悪意を集めて回っていたのだが…”といった感じで始まるこの話、本線はある人物の生まれ変わり コレの説明に『ペテン師』と、ある意味本当の事(笑)を書いちゃう所が日本人の無神経さなんでしょうな。いいぞ、もっとやれである少年を巡り、天使と悪魔の闘いを描いていきますが、このページ的にはそんな事はどーでもいいんで置いておくとして、問題になるのはペタ系美少女・サタンと、巨乳メイド娘・リリスのスキンシップ過多でちと爛れ気味の(いや、性的な意味ではありませんが)、二人だけの日常生活になります。取り敢えず口移しで情報伝達するのは色々絵面的に問題があるので避けましょう(笑)。まぁこの二人の関係は、どっちかというと親子なんですが(最後のどんでん返しも含めて)。

…まぁなんつーか、人称やら口調やらのバラつきが目立つ上、ステロタイプな話を適当にくっつけただけ(ラストの展開はあからさまにスレイヤーズだし)のような気もしますが、あんまり深刻に考えるような話でもありませんし、しょうもない鬱展開に走る事もないんでサクサク読むには良いんじゃないんでしょうか?

 


2001夜物語・1巻(星野之宣・双葉社文庫名作シリーズ)

小ネタ。随分前から知ってはいたんですが、なかなか条件が見合いませんで…。

この方特有の宇宙叙事詩的な話なんですが、その辺は私が語るにはあまりにも知識不足なんで、置いておくとして、これの第8話「悪魔の星」に登場するソビエト人の双子の女性宇宙飛行士がそーいう関係にあります。ただまぁ、ソレが発覚した数ページ後には人為?的な事故で退場してしまうのですが…。しかしまぁ、あまりにも直球で「2001年宇宙の旅」過ぎる気もしますがね。


黒乙女(玖野暮弥・富士見書房ファンタジア文庫)

”異界と呼ばれ、別の理に支配される世界に捨てられた赤子・シェルーナ。異界の王・ルビアスに育てられた彼女は、やがて彼との契約の元に人界に舞い戻る。社会に溶け込めず、異界との接点である『黒き森』に引き篭もって、まるでやる気のない『迷信解決請負業』の看板だけを掲げて日々を過ごしていた彼女だったが…”といった感じで始まるこの話、客として現れた貴族の御令嬢にして魔術士見習いの少女・マリーとの間で、割と直球なガールミーツガール話が展開されていきます。

友情止まりな展開の上、ルビアスという邪魔な存在も居りますが(どっちかというと保護者に徹してはいますが)、まぁなんというか「友達居ない系の娘さんが、ズカズカと間合いの中に入ってくる少女と、ぎこちない友情を結ぶ話」ってのはパターンではありますので(マリーもどっちかといえば友達居ない系なんですが)、この手の話が好きな人には良いんじゃないかと思います。なんつーか、所々設定がブレているような気もせんでもありませんが。


MCあくしず・9号(ミリタリー誌・イカロス出版)

後からまとめて購入してる訳でもないんで、あまり気にしても仕方ないんですが、定価1300円って事は9冊目で1万円超えてるんですよね(付録付くと上がるし)。まぁエ■ティクスFよりは読むトコ多いんで、文句云っても始まらんのですが というか、今買ってる雑誌でちゃんと隅から隅まで読んでるのは百合姫関連除くとコレ位のような…勿体無いなぁ。まぁそんな訳で今号も購入してきました。

メイン記事はドイツ本土防空戦ですが、恐らくここ読んでる人の大半は興味ないと思いますんでトバしときます。まぁあんまり新鮮味ない内容ですし…って確固として評価が定まってるネタに独自の解釈入れられても困る訳ですが。エ○ブレムofガンダムでもあるまいし(笑)。

そして今月は遂に「蒼穹の女神」が載ってません。一応巻末に休載通知はあるんでこのまま立ち消えになる事はないと思いますが、正直『小説』が載らない以上あんまり意味もないのですが(何度も書きますけど、アレの続きを書けと云われても確かに困るとは思いますが)。

つー訳で、唯一の関連ネタはコレですか。栗橋伸祐「黒鉄ぷかぷか隊」は第9話。以前退けた英国護衛艦隊のホンマモン女艦長(副官兼愛人付き)のリベンジ話になるようです。そんな中、愛する九鬼副長のドジっ娘な一面を目の当たりにしてしまった間宮さんのオタオタっぷりがかぁいいです。本筋では久々に水偵コンビが登場、貴重な『眼』を失う事になってしまった畝傍は、(まるで某ジェリドさんのように)失態を演じて艦を大破させたのに新造艦(しかも軽巡)を与えられたアンの毒牙を逃れる事は出来るんでしょうか?


comicリュウ・2008年8月号(コミック誌・徳間書店)

ふくやまけいこ「ひなぎく純真女学園」は第21話、江戸時代?タイムスリップ編が継続中です。この世界の木成さんはアミの家に仕える使用人の娘でして、その為もあってか言動が少しズレとります。真っ直ぐな感情を向けられて嬉しい筈のアミが感じている違和感、それこそがこの話のテーマになってくる…んですかね?なぁなぁで終わっちゃいそうな気もしますが。

不定期連載の平尾アウリ「まんがの作り方」は第4話。後輩の果物娘・森下さんに惚れてるヒロインの弟が空回りし続けとりますが、そんな中で行われた野球観戦デートで、ほんのちょっと波風が立ち始めます。先輩の元カレ(未満)との遭遇、そして”二人の関係を説明出来ない”状況に、ちょっと凹んでる模様(まぁねぇ…仕方ない部分もあるんですが。個人的には公認されちゃう関係だと背徳感が無くて果物ネタとしてはどうかと思うんで、こーいう展開嫌いじゃないんですけどね)。絵面的には珍しくベタベタいちゃいちゃしてる回なんですが、この辺りで転機がやってくる…とやだなぁ。

安永航一郎「MMリトルモーニング」…じゃなくて「青空にとおく酒浸り」は今回も微妙に小ネタを仕込んで来ました。”爽やかな筈のしのの目覚めは、彼女の乳を揉みしだく褐色娘によって破られた。見た事もないこの美少女の正体とは?”という訳で、いわゆるガングロ文化(もう死語っぽい)を皮肉った展開を見せとります。本編とは全然関係ありませんが。

龍神賞受賞作という事で奥川気化「女鹿の学校」なるものが掲載されてるんですが…ネタ的に苦手な上に、この絵はなんつーか…龍神賞の選者は吾妻・安彦両氏が務めてるんですが、コメントが「コレ掲載するなんて、リュウは偉いよ」とかそーいう事書いてる位でして。

こちらも読切、つばな「第七女子会彷徨」は…えーと、やってる事は単なる「ふおんコネクト」みたいな気がせんでもないんですが(アレだ。”お騒がせ女子に常識人が振り回される”話。最近だとやっぱり「ハルヒ」なんかね)、やっぱりこの絵はどーかという気が。龍神賞関係の人は、どうにもこーいう傾向があるみたいですな。これが角川辺りだと、もっとシビアに「売れる絵か、売れない絵か?」を追求させられる気がします。それはそれで売れ線狙い過ぎて皆同じ絵になってしまうんでしょうけど。いや、別に特定の誰かを指してる訳じゃないんですが。

順番に他意は御座いませんが(笑)、天蓬元帥「ちょいあ!」は今回濃い目のシフトで来ています。”まわたの心無い一言(実は夢オチだったんですが)で、『マユ子を♂に持ってかれてしまう』悪夢から逃れられない小聖。ところが当のまわたに『夢見れば夢も夢じゃない!』と励まされ なんか騙されてる気がする…でいいんだよな、このオチは、今度は逆方向に暴走を始める事に…”といった感じなんですが、曲がりなりにも親友という事になってる娘捕まえて、「よかった…ガチだ」とか云っちゃ駄目だと思います(笑)。

取り敢えずこんな感じという事で(その他、読者投稿4コマにベタベタ姉妹ネタが一つあります)。次号からようやく伊藤伸平がエッセイじゃない漫画を書くというので、てっきり「ハイパードール」かと思ったんですが それは「ロック」並の死亡フラグだ、トクマノベルスの神楽坂淳「大正野球娘。」との事で、ちょっとがっかりしてしまいました。つーかエエ加減読まんとイカンな>野球娘


comic快楽天ビースト・2008年6月号(コミック誌・ワニマガジン)

今更6月号たぁどーいう了見だという気もせんでもありませんが、某OHPさんの記事みて慌てて買うてきた為なんで悪しからず(しかも、そこまでするもんだったかというと…)。

対象作は表紙+巻頭カラーの安部学「放課後チアガール」です。”ドンくさい後輩をついつい苛めちゃうチア部の先輩少女。彼女にとっては愛の成せる業ではあったものの、当の後輩には苦痛にしか成らず、遂に…”という感じで、まぁぶっちゃけていってしまえば単なる♂混じり3P凌辱ネタでした(泣)。オチ的にはハッピーエンドで、この手のパターンとしては非常に珍しい事にペ○スの描写が無い点は評価すべきなのかも知れませんが、これを果物ネタと言い張るのはやっぱり無理があるよーな気がします。

…まぁなんつーか、この手の本は扱いが難しいやね。値段考えれば、単行本でハズすよりはダメージ小さいんだけどさ。


コミックハイ!・2008年7月号(コミック誌・双葉社)

今月最大の笑い所は巻末近くにある新雑誌・アクションゼロの創刊記事にありましょう。”才能豊かな連載陣!!”とのアオリで名前が並ぶ中、最後に出てきたのがよりにもよって白いワニの人ってのは良い度胸だと思います そーいえば、「超こち亀」の同時期デビューの4人での対談記事で、本来「こち亀」の話をしなきゃイカン筈なのに、秋本・池沢・平松の3氏から「いいから江口、お前漫画描け」と責められっぱなしで笑わせてくれましたが。え?同期デビューならもう一人居る筈だろうって?奴ぁもう漫画家じゃねぇよ、ただのアジテーター。とまぁ、相変わらず70年代なネタでケムに巻きつつ、本題の方に入りたいと思います。

3ヶ月連続掲載となった森永みるく「GIRL FRIEND」は途轍もなくマズいヒキを迎えています。”あっこへの想いを募らせれば募らせる程、彼女が♂に取られてしまうだろう現実がまりを苦しめていく。その辛さに耐えかねた彼女は、その想いを断ち切ろうと、声を掛けてきた♂と…”という所で、又もや隔月掲載に舞い戻ってしまいます。この展開なら逆説的にハッピーエンドになりそうな気もしますが、うーむ。…しかし、何かというと親友の裸身を思い起こすのは止めた方が良いかと(笑)>まり。

りんの家庭環境を巡っての重い展開が続いていた私屋カヲル「こどものじかん」ですが、今回は少し軽めの銭湯ネタで来ました。乳吸い事件(笑)以来の美々×りん話になっとります。美々のりんへの想いは恋愛っちゅーよりも母性本能くすぐられた、みたいな方向みたいなんですが(美々はりんの保護者・レイジが好きな訳で)、まぁなんちゅーか、妄想に踊る姿は結構アレではあります。

師走冬子「あいたま」は夏休み旅行編の前編、のようです。友達からしつこいほど「お前はカメラ持ち込み禁止な?」云われ倒すあいの姿は不憫ではあります…が、自業自得だよな、どっちかってーと。

山名沢湖「つぶらら」は正式にあと2回とアナウンスされました。そして話もクライマックス、人気絶頂のアイドルグループ・キャラ☆エンのコンサートに、地方限定ゲストとして招かれたつぶらが、遂に憧れの少女達と々舞台に立ちます。この展開だと最終回は”祭りの後”的な静かなラストを迎えそう(そして♂高校球児と云々かんぬんといった嫌な展開を迎えそう)な気もしますが、さて。

今月から和六里ハルが連載を開始しました。「ロリコンサーガ」という、身も蓋もないタイトルのこの話、”住人が全てロリ(♂♀別の意味で)という呪われた町(笑)を舞台に、ドヂっ娘退魔術士が縦ロールお嬢を護って大奮闘”といった導入で始まりました。昨今のこの雑誌に相応しい絵面で、ラストにはオンナノコドーシのキスシーン(但しおでこ)はありますが、どうも女装♂が紛れ込んでいそうな雰囲気もありますんで、判断には今しばらくの猶予を頂きたく思います。あぁそーだ、これも隔月連載だそうで。

読切で掲載されたあきづき弥「服従KISS」がこっち方面のネタを使っとります。”幼馴染みでありながら、何故か彼女を目の仇にする委員長・カナの存在に頭の痛いヒロイン・トウコ。もしかしていつもツルんでいる♂友達(恋愛感情なし)絡みの嫉妬なのかと、本人に問い詰めたら、あまりにも意外な告白が待ち受けていて…”といった展開のこの話、トウコの持つ『ある能力』でなんとか解決…と行けば良かったんですがねぇ。新人賞受賞作とはいうものの、描線はこなれてると思います。まぁ最近は『商業デビュー』がスタートラインじゃないんで、いきなり無茶苦茶うまくても話のタネにもなりませんが。

取り敢えず今月はこんな感じ。頭痛のタネだった「マジョーリアン」「アリーナ」が相次いで終了してほっと一息という所でしょうか(だから♂向け誌でホモネタは止めれと…)。代わりに次号からいとうえいが来るみたいですが、姉弟インセストネタのようで、あんまり嬉しくはありませんな。


とある科学の超電磁砲・2巻(冬川基・メディアワークス電撃C)

本編16巻と、そちらを元にしたスクエニ版も購入しておりますが、あんまり果物関係ないんでこちらのみ触れときます。しかしまぁ、これまでアニメ化ですか…。ティーンエイジャーに見えるヒロイン達が飲酒し倒す「気象精霊記」と並んでメディアミックスが難しい作品だと思ってたんですが、今更ながらの「スレイヤーズ」新アニメ化といい、いよいよネタが尽きているようです>角川商法 つーか、まともにやるとこの間のOAV版「ジョジョ」騒動どころではなくなってしまう気がするんですが。まぁ、現状の「気象精霊記」の状態考えればアレよりは芽があるんですが(笑)

前巻に触れた時にも書きましたが、大雑把にいって原作1巻で♂主人公がヒドイ目にあってる裏側で起こっている事件という事になってます。最新刊では果物的には致命的な状況に陥ってしまった あぁ、ついに自覚しちまった…第二ヒロイン・美琴を軸に、話は進んでいきます。とはいえ、この巻では彼女のルームメイト・黒子がメインを張ってるんですがね。このシリーズでは良くテーマとして採り上げられる”(能力を)持てる者と持たざる者の葛藤” が今回も軸になりそうですが、外伝とはいえ本編の雰囲気は損なわれておりませんので、抵抗無い方はチェック入れてみてもいいかも知れません。


マンガエロティクスF・51号(コミック誌・太田出版)

コノザマ発動(原因は1500円縛りで組み込んでいた某「彼女色の彼女・3巻」。おかげで一月遅れで入手という…)の上に、最近更新をサボっていた為にエライ古いネタとなってしまいましたが、一応触れときます。

志村貴子「青い花」は21話。新年度の演劇部のお題は「鹿鳴館」となるようです 個人的にはこれの原作者は反吐が出る程嫌いですが。年度が変わったとたんに今度はあーちゃんの方がふみを意識する展開となってますが、さて、どーなりましょうや。

しかしまぁ、相変わらず他に読む所のない雑誌ですな(山本直樹「堀田」と阿仁谷ユイジ「DROPS」にそれぞれ♂混じり3Pネタがありますが、これ果物ネタとして読むのは無理あるしなぁ…しかし、久々に森山先生の♀♀絡み絵を見たような気がする…)。


コミックフラッパー・2008年7月号(コミック誌・メディアファクトリー)

更新ペースがみるみる衰えている間に宇宙大元帥の訃報やらなんやら、色々イタダケない事が起こっておりますが(このジャンルとしては氷室冴子女史の訃報が大きいですが)、その辺は他所にお任せしておくとして淡々と進めてまいりましょう。

相変わらずの小ページ連載が続く竹本泉「さくらの境」は43話。今月は各人の髪型の話題で1話終わってしまいました(6ページじゃあなぁ…)。しかしまぁ、19のツインテールってのも無理ありそうな気がしますが、同い年で死ぬほどサイドテールが似合ってない人も居るんで…少し、頭冷やそうか…えー、まぁその、需要のある所に供給があるという事なんで、まぁ良いんじゃないでしょうか。あぁそーだ、今月は一つ嬉しいお知らせがあります。次号から24ページに復帰との事(「MAGI×ES」の減ページの話はないんで、こっからどーするかは不明。下手すると他で一個連載減るのか?)。まぁ結局やってる事は全然変わらんとは思いますが、単行本出るのも早まりそうなんで素直に喜んでおきませう。

リニューアル直後という事で読切作品も増加気味ですが、関係ありそうなのは長田佳巳「スペシャルアビリティ」辺りですか つーか、原作版「数学ガール」のイラストの人なんですか。”特殊能力学級に所属する少女・モモ。引く手数多な能力者であるが故、誰も真面目に出席してこないクラスで、一日中音楽聴きながら寝て過ごしている彼女にとって、『友達』というのは一種憧れの存在なのだが、そんな彼女の前に、一般クラスの学生達と行動にする変わり者の能力者・桜子が現れて…”といった感じで始まるこの話、割と直球なオンナノコドーシの友情ネタになっとります。なんつーか、『結局相容れないものは相容れない』という身も蓋もない話になってるような気が若干せんでもありませんが、まぁその辺は心の棚にでもしまっておこうかと思います。

今月は取り敢えずこんな感じですか。次号は柳原望がゲスト参戦 初期の白泉社時代しか知らんので、今どーいう漫画描いてるのかよく判らんのですが、あとはMFがどんな阿漕な手を使ってでも売りたいらしい(笑)、「かのこん」の袋とじ企画が来るとの事です。あぁそーだ、現在連載中の緑髪のじーさんの話なんですが、ヒロイン・テレーズは公式年表上女性と結婚してる筈です。ただ、今の話の展開からいけば、どー考えても性転換しちゃいそうなんで、果物ネタにはなりそうもありませんが(尤も、恐らくロックのマトリックスを利用して行われると思うんで、私生活ではオンナノコのままの可能性はなくはありませんが)。


マリア様がみてる OVAファンディスク・2巻(DVDソフト・ジェネオン)

こっちも順調に積んでました。第3シーズン全5話のうち、後ろ2本の総集編です。

相変わらずオーディオコメンタリーは作品に全く触れてない上、何か意味不明のメンバーが揃ってしまった関係で、一体何したいのか良く判らない出来になってます いやまぁ、元々本編持ってるのに何の為に買ってるのか判りませんが。あぁそーだ、おまけに「デスクトップアクセサリー」の追加ディスクなるものが付いとりますが、本体を持ってないんで良く判りません 一応追加ディスクのみで使用可能との事。ただまぁ、私ゃ余分な事をPCにしたくない人なんで。デスクトップテーマは相変わらずWindowsクラシックの上に、壁紙なし、スクリーンセーバー標準だし


ないしょのつぼみ・1~2巻(DVDソフト・ハピネット)

さて、飛び道具です(しかも1巻発売直後に届いたというのに積んであったという…)。

学校教材用のアニメ作品と云えば、個人的には「マリーベルの交通安全/火の用心」辺りが思い浮かびます。アレ見る為に警視庁から16mmフィルムを借り出すなどという無茶な話もかつてはありましたが、DVDボックス(1巻)に収録された今では、割と簡単に見られる状況になっており、いい時代になったなぁと思わんでもないです。という訳で、これも一応は学校教材として製作された…筈なんですが、『限定版』はどー考えても言い訳が効かんだろうと内心思わんでもありませんが、まぁ買っちゃった奴がどーこー言うのもなんなんで、軽く触れときます。

原作1巻を元に、全3話で送る(らしい)この話、基本的に沙耶目当てで見た訳ですが、『教育用』が先に立ち過ぎた為か端折りっぷりが甚だしく、彼女のボーイッシュ(というか何というか)な魅力が大幅に削減されているよーな気がします そもそも彼女の『正体』考えれば、これを果物ネタ言い張るのは端から無理がある訳ですが。この点に限らず、尺不足という問題はストーリー全般に影響を与えており、個人的には素直にドラマCDにでもして貰った方が良かったんじゃないかと思います(いや、それでは”あくまで教育用として小学館に金出させる”という前提条件が崩れ去ってしまう訳ですが)。買うのは勿論、レンタルで借りるのすら蛮勇が必要な事もあり、素直に原作読んであとはなかった事にしとくのが無難な気はします(3巻は…どーするべぇかな)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。