プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録 4/25

また2週間以上空いてるし…今回も定点観測誌の動向のみ。

・ヤングコミック(2010/5)

だいすきっ(2)→予定通りの8ページ連載。新学期頭の身体検査でいちゃいちゃ話。まぁ確かにここまで凸凹コンビだと、『これ以上差が開く』ってのはキツいんかも知れないねぇ…はいいのだが、大丈夫なのかこの雑誌でこのスキンシップレベルで(アンケートがちと心配。昔っから成年誌の果物ネタは埋没しやすいって云われてるし)。他は読むトコなし。

・まんがライフ(2010/6)

ホテリアー(笑)な凸凹女性コンビのラブラブお仕事生活を描く(75%誇張)、スパロウズホテルの単行本が5月27日予定。いやぁ、最近これ好きなんだよ、という事で久々にライフ。プアプアLIPS(43)→耐乏生活続くレン・ナココンビの前に現れた太めのおっさん。実はレンの父親な訳でしたが。いやなんつーか、理解あるというか何というか、養子縁組+オランダ式挙式で強行突破を薦められる二人なんだが、二人の関係に何の答えも出てないというのに、どんどん外堀だけ埋められるってのもキツかないか?

・リュウ(2010/6)

巻頭カラーでららら先生キャプテンに再臨(違う)。まぁコノヒトに頼んだ以上、こーいう漫画になるのは仕方ないんだが、たまには違う路線に行ってみないかい? ダーティペア(2)→あぁそーいえば、この二人がWWWAに纏めてスカウトされた理由はコレだったな(アニメ版ではカケラも出てこないし)。という訳で、『二人揃わないと発動しない予知能力』がイカセっこっぽく発動。やっぱもーちっと今風の絵の人にやって貰った方が、というか、安彦先生に描いてもろた方が良かったかなぁ。まんがの作り方(24)→何故か森下・武田組の東京デート編。森下が既にデビュー(どころか一般的に売れっ子の部類に入っている)事を知らん武田さんと、彼女の台詞をことごとく川口さん絡みに誤解する森下さんのライバル関係は白熱の一途…の割に淡々と進むのはいつもの事で。3巻は5月13日予定。ひなぎく純真女学園(42)→共学化に先駆けての生徒会長戦の続き。♂キャラの動向で女生徒達の嫉視がアッチ向いたりコッチ向いたりでてんやわんや。ちょいあ!(38)→岡山編スタート。なんか良い雰囲気だったまわた・杏子組だったが、もう一押しという所で空気読めないマユ子が登場。修羅場りつつ次号へ。

・コミックハイ!(2010/5)

ガルフレ休載。図書委員長の品格(2)→♂主人公という事で過度な期待は避けた方がいいんだが、相変わらず絵的にはエライ事になりつつ話は進行中。柊小(27)→ツインテールの攻撃は、結局背中合わせでオ○ニーだけで終ってしまいました。いやまぁこの話に果物期待するのが無理だろうよ。という事でまたしばらく『見』に戻ります。【先行読切】いとうえい「半熟☆マジカル!!」→いわゆる魔法少女学園モノになるのか?そのうち本連載になるようなので、その時再判定という事で。あいたま(?)→あいの何気ない一言「おそろいのストラップ」呪文が樹里(その他)を直撃しての騒動。まぁ世間一般の学生生活というのを経験しないで来てる娘達なんで、仕方ない部分はあるわな。4巻が5月27日予定。

・きららフォワード(2010/6)

執事少女とお嬢様(11)→地下のワインセラーに閉じ込められた主従二人。運悪く尿意に襲われた沙綺が耐え切れずに決壊して…といった話なんだが、巻頭カラーでやる事か?単行本1巻が5月12日発売。トランジスタティーセット(20)→最近出番の無かったみどり絡みの因縁話が裏で進行する中、本編は電気街の過去話、というか「杉野はいずこ」ですか。ちみっこ二人組が地下遭難して以下次号(そういや確かドラマCD版にも出てきたな、地下倉庫)。わたしたちは皆おっぱい(6)→貴子の兄登場で暗雲垂れ込めるの巻。しかし兄妹揃っておっぱい星人なんかよ。


スポンサーサイト
備忘録 4/7

雑誌2冊追加。

・フラッパー(2010/5)

CandyBoy(6)→双子の妹・雫登場。(主に昨夜にのみ)ダメージを与えつつ、次号帰省編の模様。つか妹にはバレバレなのか?大丈夫なのか、それで?

・REDいちご(19)

久々にリュウ以外で体液軍人会の人を見たかと思ったら、あまりにいつも通りだったんで安心したやらなんやら…でもREDからは微妙に浮いてる気も(エロじゃねぇよな、オゲレツネタだよな)。【読切】むっちりむぅにぃ「純潔ランナー」→保健室でのエライ行為を目撃して以来、よりにもよって代表の座を争うライバルなミツアミ娘との淫夢に悩まされる羽目になる陸上娘の話。【読切】むっちりむぅにぃ「純潔ヒロイン」→いつものメイド喫茶に短期バイトとして入ってきた美少女。女優の卵である彼女、やっとつかんだ百合モノの初主演作を演じ切る為の勉強としてこの場を選んだらしいのだが…。という訳でここの所続いている『純潔』シリーズが2本立てで登場。だから百合姫でやれという話もあるが、そーすっと埋没しかねないなぁ…個人的には「~ランナー」の『最愛のライバル』パターンが好み。


備忘録 4/3

書き忘れんうちに雑誌だけ。

・ヤングアニマルあいらんど(11)

コンツェルト休載?という時点でこの雑誌買う意味の大半を失った気もするが、アマゾンから届いてしまったものは仕方ないので軽くチェック。萩尾ノブト「ぷりしら」3話目の泡沫アイドル3人組がレズAV見てしまって云々、ってのが一番大きいネタですかね(これで最大かよ…)。

・コンプエース(2010/5)

やっぱり違和感拭えない角川なのはプッシュ祭継続中。今月はFateとのコラボ企画ではしゃぎ過ぎといった印象が大(これも最初に都築・武内会談組んだのは学研だったよな…)。コミック企画としては2本(藤真拓哉「5周年記念コラボコミック」→サーヴァントの代わりになのは&フェイトを召還しちゃった凛の話/ひろやまひろし「魔法少女リリカルなのは×プラズマ☆イリヤ」→劇場版海鳴最終決戦の舞台にイリヤ&美遊が紛れ込んでしまう話)。どっちも、まぁ…企画ものだし、あんまり気にしない方向で(単行本には収録されん可能性高いので、読みたいなら早めに押さえるべきかと)。で、ここから本編。なのはVivid(11)→直球でお風呂サービス回。巻末作者コメントにある通り『乳首券』乱発。この手のパターンでありがちな『エッチな乱入者』役を、何故かセインが務めておりますが、まぁ他に居ないというか、エリオやガリューじゃ洒落にならんし。単なるヴィヴィオの日常パートの友人かと思われたリオがトンでもない隠し技を秘めてる事が判明。そして翌日の集団模擬戦へと話題は移りつつ以下次号。しかしフェイトはなのはと模擬戦すらしてない、って設定はどこいった?

・メガミマガジン(2010/5)

やっぱりこっちの方が安心感あるよな(角川のやり方はどうもね…)。なのはMOVIE1st(7)→なのはVSフェイトの『最後の』戦い前夜から開戦まで。まぁなのはの力任せっぷりは嫌という程体験してる訳で、フェイトがこーいう戦法に出るのも判らんではないんだが…確か『双方の魔力値を算定する為の模擬戦』云うてなかったか?ともかく豪快にヒいて以下次号。

・娘TYPE(6)

今月から月刊化。なのはForce(5)→徐々に明らかになる敵の思惑と能力。まぁ魔法無効化位は出来ないと、このキョーアクな面子の相手は出来んわな。♂主人公話なんで基本どーでもいいけど。ストライクウィッチーズ(4)→待望のエイラーニャ編。そしてゲストはこちらも冬戦争ネタでは人気者のあの方・『ついてない』カタヤイネン(当たり前だがエイラとは知り合いの模様)。つか、ある意味別記事の明貴・島田対談がアレだよな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。