プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックヴァルキリー・2007年5月号(コミック誌・キルタイムコーポレーション)

いきなり付録CDドラマがついてきてますが(しかもかなり仕事を選ばない…じゃなくて知名度の高い面子で)、 まだ聞いてないんで後回しにします(というか、創刊から買ってる割に「ローズ×マリー」が何だか良く判ってないという話も)。

前号出た時に取り挙げるのを忘れてたんですが、ZOL「夢幻戦士ヴァリス」は麗子との戦いが始まっております。いきなりの 「れいちゃんのバカァ!!」攻撃には笑ってしまいましたが(そこでそーくるかい)、剣を握って殺し合いしてるはずなのに、 単なる痴話喧嘩にしか見えないのは何故なんでしょうか。この展開だと、麗子にとどめさすのは優子の仕事じゃないかも知れません(まぁ、” Xの悪夢(笑)”を通過した今では、ナニが起ころうと不思議ではありませんが)。

実の所この本の(個人的)メインは、武礼堂「レッする!アイドル」だったりするんですが、今回もかなり濃い目の仕上がりになってます。 インド映画の女優(カヤリパヤット遣い)・ダナとヒロイン・真紀の対決なんですが、 ベビーフェイス同士の衆人環視下でのオイルレスリングという、強烈なせめぎ合いを展開しております。

他も相変わらず(♂主人公でさえなければ)♀♀度高めの編成となってます。創刊当時から問題だった”コンセプトが狭すぎて、 どの連載も同じに見える”という点を除けば、悪くない本だとは思います(ただ、ウチの近所に限った事なのかも知れませんが、 毎回派手に売れ残ってるからねぇ…大丈夫なんだろうか)。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikasaki2010.blog41.fc2.com/tb.php/1065-bdf9aa62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。