プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Megamiマガジン・2007年7月号(アニメグラビア誌・学習研究社)

局地的に強烈なニュースが舞い込んで、声優アイドル業界(狭いなぁ…)にも大きな嵐が吹きそうですが、 管理者はあんまりそーいうの興味ないんで取り敢えずスルーしておきます。で、例によって全く脈略無く、「一騎当千DD」 ようやく全話見終わったんで、感想をちょっと書いておきます。一言で云えば(つい先だって無茶苦茶書いた)某魔法少女クラブ以下です。 原作自体が完結していない…どころか本題にも入ってない上に、最初のアニメ化で原作の流れと全然逆の結論 孫策と干吉の関係を通じて、闘士の運命からも逆らう事が出来る、ってオトした記憶がありますが、合ってますかね? 出しちゃっているというのに、その続きから作って何らかのオチを付けろといわれたスタッフの苦労は想像を絶するものがあったとは思いますが、 それもあまり言い訳にならない位にオチがアレです(いきなり5対5で決戦だ!って一体何処の聖剣戦争なんだか)。なんつーか、 必死で運命に抗っていた(=度重なる殺人は殆ど自己意思じゃないように見えた)曹操や、物凄く良い奴だった夏候惇、 そして前作のラストからどーいう展開をすればあーなるのか判らない干吉といった面子があーいう結果を迎えているのに、魏の司馬懿派の連中 (本人は除く)や、孔明や馬謖といった、いわゆる元凶な方々がノーペナルティで生き残ってしまうってのはなぁ…。関劉エンドという事で、 果物的には悪くないという見方も出来ますが、ナンボなんでもこりゃねぇぞとしか思えませんでした つーか、 これの監督、この後また「逮捕」作るんだね…パーティー増刊が沈んでから幾星霜、まだメディアミックス続けるんだ

…あぁそーだ。今月も「ストライカーズ」漫画版は載ってません(代わりに変身+下着設定と、ケッタイな着せ替えカバーは載ってますが) 。オシマイ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikasaki2010.blog41.fc2.com/tb.php/1183-ce2074b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。