プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リカレントブルー・1巻(かわらじまコウ・講談社ミチャオKC)

またもや聞き慣れないレーベルですが、どうやら携帯サイトでの発表作品の単行本化レーベルだそうです。携帯サイトといえば、昨今色んな意味で有名な携帯小説はそれなりの成果を挙げてますが(単に商売という意味で。ただまぁ、よく話題になるすっとこどっこいな文体も、一画面の勢いに特化せざるを得ない携帯小説では仕方ない気がするんですが。むしろその辺の事情を考慮せずに紙媒体で出版してしまう方が問題だと思うんですが)、こっち方向に金脈はあるんでしょうかね?

基本的な粗筋は、”隔離された孤島で育てられた12人の姉妹。仲の良かった彼女達だが、『父』の死によって発動した凄惨な後継者争いに巻き込まれる事に…”という訳で、いわゆるバトルロワイヤルものに相当します(それなんて「瓶詰姉妹」?と思った方。大体間違ってません(笑))。なんというか、初期段階で殺し合う理由が余りに乏しい(BRの首輪爆弾のような、「誰も選ばれない」事に対するペナルティが皆無な為)上に、彼女達のあずかり知らぬ所でいきなり勝利条件がなくなってしまう(勝利者を迎えに来る筈の人間○○しちゃった訳で)という訳の判らなさで、これは発表媒体のせいなのか、それともクンフーが足らんのか、あるいは後になって納得のいく説明があるのか、今の所判断が出来ません。

まぁ何にせよ、ここから泥沼の姉妹相克が始まるのは当然なんで、今後の展開次第って事になるかと思います(今の所果物的にはあんまりおもろい話じゃないです)。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikasaki2010.blog41.fc2.com/tb.php/1376-b52002cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。