プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲・3巻(小林立・スクウェアエニックスヤングガンガンC)

1巻でも書きましたが、ヒロインの必殺技が手ナリの嶺上開花という時点であんまり麻雀漫画ではないような気がする萌え麻雀漫画の3冊目です。高校インターハイ麻雀大会(5人制)の県決勝という状況なんですが、まだしも打牌していた1回戦 つーか、亜空間殺法を漫画で描けってのは、つまりは竜を超えろって事なんで。背中、煤けてるなぁ…はともかく、2回戦・3回戦は何だか点数が動いただけという印象が つーか、悪形引っ掛けと、ひたすらツモ麻雀を漫画で描けってのは、つまりは片山まさゆきと勝負しろって事なんで。器じゃねぇなぁ…。でまぁ結局4校横並びで副将・大将戦となる訳で、この3巻は一体なんだったんだろうと思わないでもないです。

但し!それはあくまで「麻雀バトル漫画」として見た場合の事で、果物的にはまた違う見方が存在します。チームの3人が必死に戦っている中、ヒロイン・咲と、そのパートナー・和は何をしてたかというと…仮眠室で二人仲良く寝ておりました。はい、そりゃもう仲睦まじげに(挙句の果てに、皺になるからと、スカートは脱いでいた模様)。

現状ではこの二人の再対戦がありそうもない、というのが最大の問題だとは思いますが(個人戦にして全国出場残り1枚の切符を巡って潰し合わせる、あるいは2対2の福本風味マッスルタッグマッチにしてしまうのが常道かと)、まぁそーいう漫画じゃないのは今に始まった話ではないので、何だか妙な萌え漫画という方向性で楽しんだ方が正解なんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikasaki2010.blog41.fc2.com/tb.php/1399-f6daae6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。