プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナキッズ・1~5号(成年コミック誌・白夜書房)

なんだか勢いで買ってきてしまいましたが、理由は後述します。白夜書房のB6ペーパーバック成年コミック誌の最初から最後まで、です(パンプキンの後を受けて創刊したが、5号しか持たなかった、って事ですな)。

でまぁ、何で買ったかと言われてば、やっぱり亜麻木硅と答えるしかない訳です。80年代後半の成年果物を代表する人物として有名なこのお方、パンプキン後半から参入し、引き続きバナナキッズにも(2号から)参加しております。掲載されているのは、2号「SENSITIVE」、3号「さすらいの納豆おじさん現わる!の巻」、4号「Marina(1話)」、そして5号の「...せーのっ、MARINAちょわーん!!のページ」の各作品な訳ですが、このうち3号は♂♀アニパロ(しかも味皇様)、4号はいー感じで始まったかと思いきやまるふネタ(正確には陰核肥大ネタ)、そして5号はそれの2話を落とした言い訳が2ページ載ってるだけ、という、何だか頭痛のするようなラインナップとなっております。2年前なら「SENSITIVE」は嬉しかったんでしょうが、今となってはフロム出版のB6本探した方が早いんで、あまり意味のない本になってしまっております(しかし、それ以前に「SENSITIVE」はどっかで見たような気がするんだけど…あと、続編があったよな?)。

という訳で、亜麻木ネタとしてはあまり面白くない本ではありましたが、他についても軽く触れていきます。

  • 御姉「LiP」(1号)…美少年キラーの異名をとる♀先輩を落とすべく、日夜鍛錬に励む後輩ボーイッシュ娘の話

1本(その他、土井やすたか「ドッキンタッチ」(2号)と山豊十鰐「2人の時間」(3号)は♀♀オチですが本線が♂混じり3Pネタの為、ケロッコモック「スクランブルNIGHT」(4号)とDEME「暇潰し人形」(5号)は♀♀の絡みが大半ですが♂♀オチの為、それぞれ除外としました)。うーむ、見た目は割と♀♀っぽいんですが、全般的に低調ですな。何気にえのあきら(ENOSHI)やらあらいずみるいやら居たりして、面子的には割と豪華な気がしますが、まぁあんまり果物目的で探す本ではなさそうです。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。