プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerSサウンドステージ・4巻(CDドラマ・キングレコード)

今回最大の笑い所は、恐らく「水橋かおりは2役で参加。ヴィヴィオとセイン」という点ではないかと思いますが、まぁそれはこちらにとっては望む所なんで置いておくとして、(4期がなければ)ラストエピソードとなりそうなサウンドステージの4本目、遂に登場致しました。

ヴィータ押し倒すはやてとか、又もや2ケツ長距離ツーリングデートと相成った(双方の両親への紹介付き)スバティアとか、アギト口説いてるシグナムとか、果物的な聞き所は色々あります。ただまぁ例によってヒロイン二人のラブラブっぷりの前に他はどーでもいいような気分になってしまうのがアレではありますが 今回は「6課解散後、その頃を懐かしく思い出しながら、フェイトが(同窓会の幹事を務める)スバルにメールを送る」という体裁となっている訳ですが、この時、その傍らに当たり前のようになのはとヴィヴィオが居るってのがまた(笑)。「任務で留守がちなフェイトは、ミッドチルダでの住所を便宜上なのはの家に置いている」ってのが妥当な線だと思いますが、冒頭に書いた声優の件も含めて、やっぱりユーノはお呼びじゃなかったって事なんですかね

ナンバーズやルーテシアのその後、そしてなのは自身が背負ったある宿命と、例によって本編見ただけでは全然伝わらない設定の山が築かれている事もあり、やっぱり最後まで付き合う気の人は、ここまで聞かざるを得ない部分が多そうです。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。