プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽園の条件(森島明子・一迅社百合姫C)

ある意味待望の作品集だったんですが、ちと肩透かしを食らったような気もせんでもないです(理由は後述)。百合姫参加作家の中でも、ちと年齢層高めのキャラを使う方の、非4コマでは初の単行本となります。収録されたのは、

  • 「楽園の条件」「星の向こう側」「木漏れ日の中で」…幼馴染みなOLと、フリーライターの付かず離れずな関係の”終焉” の話
  • 「20娘×30乙女」「『攻』←→『守』」…10歳年下の教え子にいきなり告白されて舞い上がる予備校教師の話
  • 「そして僕らは愛を目指す」…12年越しの想いを寄せる先輩は、あの頃と全然変わりなくて、な話(そうか?)
  • 「桃の味」…憧れの先輩にいいようにあしらわれる、『恋する乙女』の話
  • 「桜姫花吹雪」…恋する姫への想いを、皮肉な形で叶えられた桜の精の話

の8本。でまぁ、内容に大きな問題がある訳ではないんですが(「桜姫~」は若干変則気味ですが)、描き下ろしの番外編2つ(「木漏れ日~」「『攻』~」)以外は、全て百合姫での発表作なんですな。知っての通り、この方には色々と前科があるんで(笑)、そっちの方も隙間に押し込んで欲しかった気がします(ただまぁ、アニースにしろ、実録系での仕事にしろ、♀♀ってよりもゲイカルチャー全般を扱ってるネタが多いんで、こーいう本に収めるのは難しかったのかも知れませんが)。売れてくれれば2冊目行けるかも知れないんで、その辺に期待を持ちたいと思います。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。