プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くりぃむレモン・いけないマコちゃん(Vシネマ・AMGエンターテイメント)

店先で見かけた時には少しビックリしましたが、「実写版くりぃむレモン」の企画はまだ生きてたんですな。以前、「くりぃむレモンマニアックス」について触れた時に、”亜美亜美亜美の大合唱”と云ってたウチの1つがコレなんですが、その後は「亜美」×5→「黒猫館」→「魔人形」と来て、8弾目にリリースされたのがコレ、という事のようです。

煽りに”女の子を好きになったら、ダメですか?”とあって、元ネタの「MAKOセクシーシンフォニー」を知ってる人には大きな違和感を感じさせると思いますが、うーん、何というか、やっぱりタイトル借りてきただけのような気もしないでもないです(「奥手なマコを目覚めさせる為にやってきた少女」位しか共通点が…)。

ストーリーは”最近スランプ気味な、漫画家志望の少女・マコ。国内留学生としてホームステイする事になった少女・ネネとの交流で、ようやく立ち直りの兆しが見られたものの、ようやく描きあがった作品も恋愛感情がうまく描けずに落選してしまう。そんな彼女にネネは「(恋の)練習しよう」と云って…”といった感じで始まりますが、ここから♂キャラが登場、変則三角関係と、そしてネネが抱えるある秘密を巡って話が展開”してしまい”ます。でまぁ、すったもんだの挙句ラストを迎えるんですが、このオチがねぇ…。一応反転しておくと、「未来人だったネネは、本来死ぬはずだった♂を(マコの為に)助けてしまい、歴史改変の余波で消滅。その後、♂と結ばれる事もなく、マンガ家として大成したマコの前に、流れが変わった事で♂として生まれてしまったネネが現れる…」となる訳ですが、このオチが果物的に認められるかといえばそりゃ無理だとしか云い様がない訳でして。Vシネマ特有の描写も♂♀に偏り気味で絵的にあんまり面白いシーンがない 管理者がAVの見過ぎで不感症気味になってる部分もありますが事もあり、あんまり嬉しいモノではなかった気がします。基本スルーで。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。