プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇乙女学院へようこそ!(檜原まり子・エンターブレインビーズログ文庫)

まず最初に、実は判断保留しています(理由は後述)。

”明治の御世、父の意向に逆らうべく、全寮制の女学校に入学した紫子。華族出身の編入生という事で好奇や嫉視の渦に巻き込まれる彼女は、そんな中で『学園の王子様』な上級生・斎と出会う。初恋の少年にそっくりな彼女への興味から、彼女の所属する生徒会的な存在「PRIMA・ROSA」への入部を目指すことになるのだが…”といった感じで始まるこの話、まぁ見たとおり、かなりアレの影響を受けた作品ではあります。基本は学園モノですが、ファンタジー要素あり、都市の闇との関わりありと、盛り沢山な内容になっとります。

でまぁ、『保留』と書いた理由はただ一つ、斎が♂の可能性があるという事、そしてその謎自体が作品の肝になっている事な訳です。正直、某「カーリー」のような匂いがして、今の段階でうかつな事を云えない雰囲気ではありますが、彼女の事は一旦心の棚に置いておいて、全寮女子校モノとして読んでいくのが正解なんじゃないかと思います(本線以外では、斎のパートナーでちんまり天才少女・千鶴に憧れる、紫子のパートナー・志乃辺りが良さげ。あとは貴族コンプレックスから紫子の敵に回りつつも、天然な彼女にいいようにあしらわれ続けているドリル少女・郁辺りも今後の展開によっては面白いかもしれません)。まぁそれ以前に、「2巻出るのか?というか、そもそもこのレーベルで♀主人公はOKなのか?」辺りが気になる所ではありますが。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。