プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLY ME to the MOON(菊池たけし・エンターブレインログインテーブルトークRPGシリーズ)

「フライミィトゥザムーン」といえば、もちろん「ムーの白鯨」オープニングですが(違う。あれは「フライトゥムー・ムーへ飛べ」だ)、それはそれとして。小ネタ気味ですがちと関連あるんで触れておきます。

TRPGリプレイネタというと、少し前に「デモンパラサイトリプレイ」についてちょっと触れたんですが(その後出た富士見ファンタジアの小説版はフツーの♂♀ネタになっていてシオシオのパーでしたが)、今回はSNEではなくFEARの関連の作品になっております。管理者がTRPGに手を出していたのは15年くらい前の話で、きくたけというとどーしてもエウレカの人、というイメージがあるんですが、まぁその辺は置いておくとして いやまぁ、表4の”45億5千万年前から連綿と受け継がれた月の守護者の宿命が、ふたりの少女に悲運をもたらす”との説明『だけ』で買ってしまう管理者の業の深さも大概だとは思いますが

”世界の破滅を目論む「月を堕とす者」。かつて、憑依した「月の守護者」の少女諸共に滅ぼされたソレは、転生によって復活を遂げる。しかし、相反する力を宿したままの転生には大きな歪みが生じ…”という事で、分裂して転生してしまった「守護者」舞と「堕とす者」美景、親友同士の二人の運命が描かれていく事になります。まぁあんまりRPGリプレイで悲劇に終わる話はない(何とかならないものを何とかするのが、人を使ってやるゲームの醍醐味だとも云えますし)という事で、恐らく元ネタであろう「神無月の巫女」辺りとは大分重さが違いますが、まぁ舞担当のプレイヤーがいう通り(美景はNPCです)、「愛のパワー」って奴を見せて貰おうではありませんか。

おまけ、というか、人によってはこっちがメインのドラマCDですが、まぁ仕方がないとはいえ、ブツ切り状態もいい所になっとります。最大の笑い所は、(収録レポートにもあった通り)月の守護者の剣・レーヴァテインを持ってる美景を清水香里に振ってしまった事でしょうか(いきなり蛇腹剣に変形したりはしませんが)。

あぁそーだ。先ほど、「神無月」云々書いてしまいましたが、正確に言うと直接的な元ネタは別にあります(原作・TVアニメ版・劇場アニメ版のちゃんぽんですな。特に後日談である「フライミィトゥザムーン」に顕著。○○した月代の『影』がこんなカッコでこんな名前ってのはなぁ…声も古谷徹だし)。ドラマCDは「トップをねらえ!」風味ではありますが。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。