プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやしもん・1~3巻(石川雅之・講談社イブニングKC)

途轍もなく乗り遅れ感が漂いますが、取り敢えず3巻まで買うてきました。

いやまぁ、ホントに「細菌版動物のお医者さん」という説明そのまんまの話ですが(あんまりメジャーじゃない隔離された学部っていう面だけじゃないくて、微妙な絵とか、エライ淡々とした話っぷりとか、共通点多いよな。主人公は特殊能力持ちだけど、空気っぷりに関してはハムテルっぽいし(笑))、管理者は「動物~」大好きなんで全然問題ありませんでした。実は表紙絵見て避けてたんですが、こりゃもうちっと先に手を出しとくべきだったな…。

でまぁ、そんな「動物~」との最大の違いは色事方面のネタを含んでいる事なんですが、このページ的にはその内容が全てともいって構いません。2巻中盤から始まる学祭・春祭に樹教授(淡々としてるけど間違いなくマッド)が出品した『媚薬』。流れ流れてゼミ生 なのは葵だけですがの葵・葉月コンビが口にし、そのまま飲み会へと突入して…という所で場面が転換、いわゆる朝チュンって奴になる訳です その後3巻で(後半に行くに従って役に立たなくなっていく主人公の能力によって)、二人にナニがあったのか?が検証されていく訳ですが、どうやら完全にやっちゃった模様(笑)。酒に酔った勢いでってのはパターン中のパターンなんですが、その後二人の関係が(3巻まででは)描写されないんで本気かどうかは不明といった所です。ただまぁ、フツー気まずくなりそうなのになーんもないってのは逆に脈有りな気もせんでもないです。

あぁ何にせよこりゃ続きを買ってこなきゃ駄目だねぇ…アニメ版もなんとかせんと。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。