プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そらのカナタの!・2巻(小野敏洋・JIVECRC)

全然関係ないですが(棒)、引退した上連雀三平氏の『最後の』単行本、「わたしを有明につれてって」が出たようです(いや、買ってないんですが…つーか、アレはなぁ…敵だし(笑))。『最後の』ってーのが非常に問題なんですが…やっぱ出ないまま終わっちゃうのかねぇ、「やまとなでシコ」。

と、本当に関係ない話から始まりましたが(再び棒)、「そらの~」の方は2巻が登場しました。見た目に反してハードSF風味の設定を抱えるこの話なんですが、お堅い話は♂主人公達にまかせておいて、相変わらずヒロイン3人はノー天気に戦いの日々を送っております(もうちっと深刻な表情しようよ、命懸かってんだから)。そんななか、天然気味にスキンシップ過多なそらのによって、元々アレ気味だった腹黒小学生・由貴は徐々にソチラ方向に目覚めつつあるようです。終盤登場するそらのの親友・香里 何せこの作者の事なんで、色々穿った見方の出来る名前ですが(笑) とのじゃれ合いを見て、嫉妬心を巻き起こらせてたりと、なかなかいい展開ではありますが、まぁ何にせよ本線にはなりそうもありませんな。

あぁそーだ。本編の方は何だか敵のメイド服が出てきたりしましたが、やっぱ一応は和解の道も用意してるんでしょうか?今の所全然意志疎通出来てませんけど、こーいう造形のキャラをあっさり惨殺出来る程、今のコミックラッシュは氏賀風味にはなってないとは思うんですが。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。