プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS・8巻(TVA・キングレコード)

しばらく色々書籍が出るものの、メガマガ今月号辺りを見ているといよいよ収束かな…という寂しさが漂いつつある今作品(4期の芽が残ってるかどーかですわな)、DVDの方も残り2本です。22~24話という事で、ストーリー的にもいよいよ収拾を付ける段階になってまして、やたらめったら増大したメインキャラ達のそれぞれの戦いの決着を描いています。

23話のスバル・ティアナの話は結構燃え上がる展開で良かったと思うんです。邪魔だ邪魔だと言われつつも、ヴァイスの挫折と復活の小ドラマは悪くはなかったと思いますし。ただまぁ、やっぱり24話がどーにもこーにも。素直に「スカリエッティのアジトに突入するフェイト・エリオ・キャロ。途中で分断され、単独でスカ・3・7と対峙する羽目になったフェイトは、彼女やプレシアの過去を知るスカリエッティに精神的に追い詰められる。そこへ自力で障害を突破してきたエリオ・キャロが現れて…」にしとけばまだ良かったんですが、なんだかテレビ討論会みたいな状況になってしまったのが(戦闘中だというのに、スカさんたちも素直にTV画面見てるし)。それと、やっぱりルーテシア要らなかったと思います(いきなりルーちゃん呼ばわりも違和感大爆発)。

さて、これであと2話。とても良いキャラに(結果的に)仕上がったクアットロの始末(笑)と、泥沼の親子喧嘩、そして21話丸々使って大ピンチ演出されたものの、そのまま3話放置された赤い人の去就など、ストーリー最後の詰めが残りました。凄まじく白々しいですが、さて来週のえり子はどうなっちゃうんでしょうねぇ(違う)。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。