プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増刊エースアサルト・2008年春号(コミック誌・角川書店)

数少ない情報収集先、OHPさんで気になる事が書かれてたんでちょっとチェック入れていました。しかし、こんだけデカデカと「オール読切!」を謳っておきながら、大半が連載作品ってのは一体どー云う事かと思わんでもないですが、それはそれとして(一応全部、番外扱いでこれだけ読んでも大丈夫、って云いたいのかも知れませんが、無理あるよな…)。

でまぁ、問題になるのは巻末近くの新人読切作品・尼崎膳「女子ボルト」となります。”何故か頭にでっかいボルトが刺さっているちんまり娘・扇に惚れている委員長娘・塚本。ところがある日、扇が「好きな人が出来た」などと言い出したものだから…”といった感じで始まるこの話、扇の初恋の人・杭瀬もまた実は女の子で、更に元不良だった彼女、かつて優しい言葉をかけてくれた塚本の事を好きだったりして、色々とややこしい展開を迎える事になります。なんつーか、昨今流行の方向とは微妙に異なる絵柄(全般的に角顔)が賛否分かれそうな気もしますが、ストーリー的には直球の果物トライアングルネタになってます。この手の作品を後になって探すと地獄を見るのは明らかなんで、興味ある方は早めのチェックをお奨めします(付録付きのおかげで、買わないと読めそうもありませんが)。

話題に挙がってたのはこれだけですが、「オイレンシュピーゲル」の漫画版とか、樋口彰彦(リュウで「ルー=ガルー」描いてる人ですな)の「クルリのヒトトセ」とか、色々気になる話はありました。まぁ全部追いかける訳にもイカンので、運良く単行本化されたら個々にチェック入れていきたいと思います 以前なら何もかも追いかけたんでしょうが、もう歳なんで(笑)、手の届く範囲だけ触れてく事にしたいです。金はともかく、時間が足らん

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。