プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカるんX・1巻(高遠るい・秋田書店チャンピオンREDC)

しかしまぁ、この手の本で作者の学歴帯に書いてどーすんだという気がしますが、それはそれとして ひ、僻みちゃうわ!(笑)。このページでは「スケイプゴッド」以来の登場となる方の、例の”赤い核実験場”での連載作品です(まぁ、週チャンに内山亜紀、しかも延々とよ○じょオムツが続くアレが連載されていた事考えれば、この程度でどうこういう問題ではありませんが)。

あんどろとりお

持ってますが何か?

”東京のお嬢様学校に進学した田舎モン・るんなは 、登校初日からイヂメを受けている所を才色兼備の優等生・ミカに救われる。クラス・寮とも同じという彼女と仲良くなったモノの、いきなり襲ってきた怪獣によってミカが惨殺されてしまい…”といった感じで始まるこの話、流石にこのままミカが死んでしまうと話が終わってしまうのですが、るんなが幼い頃に夢の中の変な人(笑)から貰った魔法のブレスレット(略してマブ)に彼女の復活を願うと、何故か合体して巨大化して怪獣と戦う羽目になるという、なんだか良く判らない展開を迎えます。

「スケイプゴッド」の時もそうでしたが、基本的に善人不在でドライな世界観の中、純朴なるんなと色々厄介な過去と現在を抱えるミカの二人が、訳も判らず戦いの日々を過ごすってな感じで進んでいくようです。何かというと裸で絡み合っている割に全然色っぽくないコンビで、果物云うには疑問もなくはありませんが(表紙のような甘やかな関係ではありません。いや、最初はそんな感じで進むんかと思ったんですが…)、まぁオンナノコ版バロムワンみたいな感じで読んでけば良いのではないかと でも、どうせオンナノコ二人を同時拘束するんなら、背中合わせではロマンがないと思います(馬鹿)

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。