プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックハイ!・2008年5月号(コミック誌・双葉社)

4月に入って新入社員やら異動やらでグダグダの極みになっとりまして、放置プレイ状態が続いとりましたが、ようやっと2・3日休めるみたいなんでちまちま追加していこうかと思います(一週間ぶり位に本屋に行ったら万札が飛び交う状況に…)。とりあえず最初はコレ。

またもや3号連続掲載がアナウンスされました森永みるく「GIRL FRIELND」は表紙+巻頭カラー。『自覚』してしまったまりが、自分の気持ちに戸惑う姿が描かれとります(劇中に出てくる同人誌「美少女革命マリアージュ」は「せらむん」+「ウテナ」+「マリア様」的なブツで、この業界15年の流れを示してる気がします 抜けてるとしたら3番目に「CCさくら」ですかね。作者は元々「せらむん」同人の人ですし)。今回はあんまり大きな動きのない話だったんですが、さて次でどう引っ掻き回して来る事やら。

袴田めら「暁色の潜伏魔女」は突然の最終回を迎えてしまいました。2話使って時子との別れ・そして兼ねてからの約束だった”祖母ちゃんの所に夜先輩を連れて行く”という話を描いてエンドとなりましたが…うーん、やっぱり打ち切り臭いなぁ。最初っから3巻分で終わる予定だったら、もうちっとやりようがあった(というか、「何しに出てきたんだ、ミモザ?」としか云い様が…)んじゃないかと思いますし。仕方ないといえばそーなんでしょうけど、やっぱり時子の選択が納得イカンのが一番大きいですが、まぁその辺気になる人は5月に最終巻出るみたいなんで、そっちで確認してください。

師走冬子「あいたま」は久々に友情トライアングルな話になっとります(相変わらず噛み合ってませんが)。

山名沢湖「つぶらら」は第24回。前回ちょっぴりスポットライトが当たったものの、すっかり日常を取り戻してテスト勉強に追われていた筈のつぶらでしたが、(舌先三寸のプロデューサーにノせられて)売れる為にはヨゴレも辞さないつららの『過去』としての自分が大きく立ち塞がります。この調子だと東京進出する展開になりそうなんですが(坊主頭も野球進学するみたいだし)、さてこっからどーなるやら。

取り敢えず今月はこんな感じ。花見沢Q太郎の読み切りはフツーの♂♀モノでした。次号からひな。、そしてその次は和六里ハルの連載が始まりますが(おかげで心底どーでもいい「アリーナ」と「えびる」が消えてくれるし)、何にせよ始まってみないと判りませんな。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。