プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シアンとマゼンタ・2巻(砂浦俊一・集英社スーパーダッシュ文庫)

このページを初期から読んでる方はご存知かも知れませんが、今は亡きツクダホビーから「ガンダム戦史」というゲームが出とりました。大雑把に云うとカプコンのガンダムゲー(連邦VSジオンとか、あの辺)をオール手作業でやるようなブツでして、将棋とかのターン制とは違って、同時行動を再現する為に事前に行動を記入しておいて、一斉に機体を動かすという、非常にめんどくさいシステムのゲームでした。でまぁ、それだとほぼ確実に接近戦が狙えない為、特殊ルールとして「反応移動」ってのがあります。格闘戦しか行えない代わりに、事前に残しておいた移動力分だけ追加移動出来るというルールなんですが、戦闘を行う代わりに、敵と味方の間に割り込んで、味方が受ける筈だった攻撃を引き受けるという、非常にガンダムらしい行動を取る事も出来ました(意味が判んない人は初代の「激闘は憎しみ深く」「光る宇宙」、或いはZの「ジェリド特攻」「生命散って」辺りを見てください)。でまぁ、そーいう行動を特にカバー移動(CM)と云う訳ですが、実際に使い所があるかというと…ねぇ。あんまりにもアニメ的だし。

…という訳で、物凄く長い上に良く判らない前フリから入りましたが、あんまり気にしないでおいてください。二人羽織風味変則ダーペもの、2巻の登場です。”折角の退魔力『ツキハライ』を持て余す藍姫と、単純に『見える』力を活用したい真朱。変わらぬ友情を抱きながらも微妙な齟齬を抱えたままの二人の前に、又もや『陰神』絡みの事件が。藍姫の後輩・雪加の想像妊娠から始まったソレは、あらぬ方向へと展開していき…”といった感じのこの話、時節柄扱いが微妙になりそうな『社会正義の名の下に振り回される暴力』辺りをテーマに展開していきます。とんでもないラストを迎え、一応アナウンスされている3巻をどうするつもりなのか、正直ミモノではありますが藍姫が『彼女』の義眼をつけて戦う…みたいな展開になるとは思いますが、真朱の両親の謎とか本人不在のままではあんまり意味なさそうな気がしますし、さて、どうなる事やら。果物的には悪くはないと思うんですが、流石にコレは…ねぇ。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。