プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒乙女(玖野暮弥・富士見書房ファンタジア文庫)

”異界と呼ばれ、別の理に支配される世界に捨てられた赤子・シェルーナ。異界の王・ルビアスに育てられた彼女は、やがて彼との契約の元に人界に舞い戻る。社会に溶け込めず、異界との接点である『黒き森』に引き篭もって、まるでやる気のない『迷信解決請負業』の看板だけを掲げて日々を過ごしていた彼女だったが…”といった感じで始まるこの話、客として現れた貴族の御令嬢にして魔術士見習いの少女・マリーとの間で、割と直球なガールミーツガール話が展開されていきます。

友情止まりな展開の上、ルビアスという邪魔な存在も居りますが(どっちかというと保護者に徹してはいますが)、まぁなんというか「友達居ない系の娘さんが、ズカズカと間合いの中に入ってくる少女と、ぎこちない友情を結ぶ話」ってのはパターンではありますので(マリーもどっちかといえば友達居ない系なんですが)、この手の話が好きな人には良いんじゃないかと思います。なんつーか、所々設定がブレているような気もせんでもありませんが。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。