プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅蓮紀・1巻(武若丸・一迅社百合姫C)

世間的には3連休らしいのですが、私は仕事なんで今週発売分のタイトルはアマゾン頼みとなりました。でまぁ、部分的にコノザマ発動してますが、取り敢えず届いた順に触れてきます(プライム入った方が良いのかねぇ…)。という訳で、まずはコレから。

”(小動物的に)学内で愛されている少女・蘇芳が出会った、空飛ぶ赤髪の少女。クレオと名乗った彼女は、『ボクは君のマスターだ』などと言い始めた挙句、彼女に『首輪』をはめてしまい…”といった感じで始まるこの話、まぁいわゆるオチモノの一種だと考えて頂ければ間違いないかと思います。実は魔界の王女様だったクレオを巡り、多分権力闘争が云々かんぬんといった展開になっていくんじゃないかと思います。なんつーか、一昔前のエロゲみたいな絵柄(カスタムのCaratとかあの辺。妙なパースもそっくりな気がしますが、カスタムの原画の人の絵は今は熟女系なんだよな…)と、アリガチな展開に色々言いたい事も出てきますが というより、個人的に「百合姉妹」が「百合姫」という形で復活した時に連載始まったモノについては全般的に違和感感じてるんですがね。別に良い悪いの話ではなくて、単に管理者の嗜好と一迅社人脈の傾向がズレてるからだと思うんですが、取り敢えずyhCは全突撃の覚悟は既に完了しとりますんで、2巻以降もフォローする形になるかと思います。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。