プロフィール

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS・サウンドステージX(ドラマCD・セブンワークス)

例のコミケ先行販売品です。流石に現地に行くのは無理がある為、製品版が出るのを待つ予定だったんですが、色々物色に行った某所に豪快なぼったくり価格でショーケースに並んでいるのを見つけてしまい、しばし買うた止めた音頭を踊った挙句に買ってきてしまいました。うーむ、転売屋儲けさすのもアレだとは思うんですが、往復料金+並んでる分の時給とか考えると、結果的に大分安上がりってのがねぇ…。

ストーリー的には”StrikerS本編から約3年後、陸士108部隊の管轄下で発生した古代遺物ブローカーの連続殺人事件が、(例によって)古代ベルカのロストテクノロジー絡みの大事件へと発展していく…”というモノなんですが、またもや強烈なボリュームと(多分OVA6話分くらい?)、それを遥かに上回る登場人物の多さ、更に絵で判別させづらいのに女性陣ばかりで1回聞いただけでは誰が誰だか良く判らないという、StrikerS本編から続く問題点をそのまま引き継いできてしまったかのような内容となっとります。ここまで人が多くなってしまうと、なのは・フェイト・はやて・ヴォルケンリッター他(笑)を排除したのもやむを得ない所ではありますが、今後、万一第4期作った場合にも無限書庫絡みの話すら同じ声の幼女に奪われてしまうであろうフェレットには涙を禁じえません(笑)。

久々の再会で暴走するスバティア展開やら、今回ゲストキャラとスバルの交流など(この二人の絡みだと、やっぱり「RODtheTV」を思い出しますな)、果物的にも聞き所は多いんで、色々問題あったStrikerSに最後まで付き合った方はどーいう形であれ聞いていく事をお奨めします。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。