プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すとぽに(広輪凪・一迅社4コマKINGSぱれっとC)

いわゆる亜流萌え4コマ作品の一つです。ぱれっと創刊当時にちと触れたものの、そのまんま放置してたんですが、正直よもやこんなモノが単行本化されようものとは夢にも思いませんでした(ヒデェ)。

”巨乳が原因でいじめられ、消極的極まりない性格になってしまった少女・日夏。転校先でも同じメに合わされるのかと憂鬱な彼女だったが、クラスの反応は意外にも平静そのもの。それというのもこの学校には…”といった感じで始まる(いや、実は彼女が登場するのは2話からなんですが)この話、学校の怪談並みの爆乳少女・こひめと出会った日夏(相対的にフツー乳扱いに)が、彼女と妙テケレンな友情を育んでいく、というのが大凡の展開になっとります(帯にもある通り、当初はポニテにすると運動神経の向上するドヂっ娘巨乳をヒロインにしたドタバタ4コマを志向していたような気がしないでもありませんが)。

事あるごとにこひめのブツと密着しあっているウチに妙な方向に目覚めてしまった日夏と、明るく振舞ってはいたもののやっぱり胸は重荷だったらしいこひめとの妙テケレンな友情関係は、ラス前にとてつもない結末を迎えます。同じ大学に同じ家から通う彼女達、こひめの持っていた(後付設定もいいところの)カミヤドリの力は高校三年生の段階で何故か(!)失われております。二人の間に一体何があったのかがは読者の判断に委ねられておりますが、まぁナニかあったんでしょう(笑)。

なんつーか、唐突すぎる女同士のハッピーエンドにイマイチピンとこない部分がある上に、絵柄のムラが洒落にならないレベルになってる点など、色々言いたい事もなくはありませんが、あんまり深く考えて読むような話でもないんで、萌え4コマ系に抵抗ない方は表紙絵見て判断頂ければと思います。

 

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。