プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライエイジ・1~2巻(みかづき紅月・徳間書店デュアル文庫)

平積み新刊の帯見て買うてみたら実は2巻で、慌てて1巻探し回ったのに全然売っておらず、デュアル文庫既刊の売って無さっぷりに呆れてモノも云えん状況になっておりましたがようやっと見つかったんで触れときます(個人的には微妙に他の文庫より背が高いのが敗因なんじゃないかと思うんですが。本屋の文庫棚に入らなくないか?)。

”田舎の道場育ちの剣術娘・弥(やよ)が進学したのは、武力が全てを支配するというケッタイな校風を持つ蘇芳学園。入学『戦』から悪目立ちした上、学内に3人しか居ない『真剣』所持者でもある彼女は、望んでいた『フツーの学生生活』との乖離に苦しみながらも、ルームメイトとなった無表情バーサク娘・千と共に闘いの日々を送る事に…”といった感じのこの話、まぁ「私闘学園」とか「スパルタカス」とか「はやてブレード」とか、あんな感じの話だと思っていただければ間違ってはいないと思います。

果物的な見所はやっぱり弥と千の奇妙な友情辺りになりましょうか。何かにつけて無感情でありながら、一旦切れると『敵』と『味方』以外の判断基準を失って暴走する人間兵器・千にとって、初めて出来た『友達』である弥に対して向ける感情はストレートで、その度毎に弥をドギマギさせる結果になっとります(まぁ、どっちかというと親鳥と雛みたいな関係なんですが)。

帯のアオリ文句である「百合侍」という程に密着した関係かというとちと疑問で、2巻連続して『負ければ退学』ネタを繰り返しているのもどーかと思うんですが、まぁこんなんもあるよという事でお願いします。あぁそーいえば「凸凹騎士」にも触れてないな…。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。