プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵失格な彼女(伏見つかさ・ヴィジュアルアーツVA文庫)

なんかまたケッタイなレーベルが創刊されたんですが(本業はエロゲ屋…ですが発売元のパラダイムは元々新書のエロゲノベライズを出してる出版社なんで、その辺の実作業はこっちが対応してるって事なんでしょう)、2冊の配本の内、こちらは関係ありそうなネタなんで買うてきました。

”入学早々、謎の美少女から「貴方が犯人ですわ!」などと名指しされてしまうヒロイン・木葉。入学式での『謎の怪盗による犯罪予告』の犯人扱いされてしまったのだ。門崎かれんと名乗る彼女は、無茶苦茶な論理を振り回した挙句、木葉を容疑者兼助手(!)として事件の解決に向かって暴走を始めるのだが…”といった感じのこの話、全寮制女子校を舞台にした、学園探偵モノ…のように思わせて、かれんが何一つマトモな推理をしないまま、(文字通り)力任せに事件の核心に迫っていく、といった話になっております。

正直、出だしのかれんの印象が最悪 個人的にヒロインの許容最底辺は『ハルヒ・1巻』なんですが(つまり2巻のハルヒはNG)、この馬鹿(笑)はそれを充分下回っていると思いますで、どうなる事やらと思ったんですが、まぁ最終的にラノベの平均的ワガママ御嬢レベルに収まっているとは思います。で、肝心の果物展開の方ですが、実はソッチ方面なのは主人公・木葉の方(オナゴの制服には興味なし。あるのは中身だけ、とか云っちゃう人です)でして、色々と妖しげな発言を繰り返しては、周囲の美少女達をドン引きさせてしまっております。とはいえ、そんな彼女の性癖に薄々勘付いているのに、相互緊縛状態(笑)で夜を過ごしたり、一緒にお風呂入ったりしてるかれんの方にも、多少そっちの気がありそうな気がしますが。

来年発売予定のビジュアルノベル(選択肢の無いアドベンチャーゲーム、だそうです)の販促という意味が強く、中盤で呈示される『木葉とかれんの繋がり 個人的には異母姉妹の予想』やら何やら、解答編(いや、この小説的な意味ではなく)がそちらに持ち越されているのが弱めですが、弱小レーベルの本は後々入手しようとすると地獄を見るのが確実なんで、興味ある方は店頭にある内にチェック入れてみてください。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。