プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MA棋してる!・1巻(三浦良・富士見書房ファンタジア文庫)

1巻と堂々と銘打ってしまうとは勇気あるなぁと思いつつ、発売直後に積んでましたがようやっと処理終了したんで軽く触れておきます。

”小学生のヒロイン・奏が拾った木の棒とおしゃべりなインコ。ソフィーと名乗る『彼女』は、魔法の世界からやって来て、そして戻る手段を失っていた。食住の提供と引き換えに、彼女から簡単な『魔法』を教わる事となった奏だったが、突然『魔法』による攻撃を受け、自衛の為にある決断をする事に…”といった感じで始まるこの話、洋物TVドラマの模倣から始まった日本の魔法少女作品の系譜の中では、明らかに「プリティサミー」から繋がる流れにある展開となっております 「魔女っ子メグちゃん」辺りを発祥とする『王位継承戦』モノに、女児におもちゃを売るという目的に適した「ひみつのアッコちゃん」発祥の『後天的魔法少女』要素を加味した、『王位継承代理戦争』モノという事ですな。この辺の流れについては以前どっかで書いた気がしますが

果物的な展開という意味では、ライバル魔法少女に当たる咲と奏の接点の薄さがどうにも気になる上に(せめて同じクラスの非友人位の関係にしておいた方が良かったのでは?)、彼女の『理』が将棋(というか棋譜)という事で、非戦闘魔法が組みにくくなっているのが今後のストーリーの方向性を狭めている感がある(いや、そこを何とかするのがプロの仕事なんでしょうけど。素人が読める展開作られても困っちゃいますし)のがちと不安ではありますが、まぁナンにせよ次巻でどう振るのか次第だと思います。継続判断待ちという事で。…いやまぁ、ホントに2巻が出れば、ですがね(我ながら嫌な事いうなぁ)。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。