プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩と私(森奈津子・徳間書店)

これまた長い事積んでましたが(管理者の基本方針は「後から探すのは面倒の元なので、読む気はなくても取り敢えず買っておく」です。駄目だ、駄目な人の考え方だ…)、ようやっと崩しました。この手のジャンルでは有名な方の作品です。

”会員二人だけの非公認サークル、好色文学研究会に所属する光枝は、童顔巨乳の会長・阿麻里の文才その他にゾッコン(死語)。だけど頑ななまでに女性の自立と自慰行為に固執し、(男性女性問わず)他者との肉体関係を否定する彼女に、その恋心を打ち明ける訳にも行かず、日々悶々と過ごしていた。そんな彼女の揺れる乙女心に、好研のライバルである実践系同性愛私小説集団・エロティック研究会が目を付けて…”といった感じで始まるこの話、やってる事はあんまり変わらないが故に対立する2派の確執に、エロ研内部の縺れた愛情、そして光枝と阿麻里の微妙な関係が絡んで、しっちゃかめっちゃかな展開を見せていきます。

この方の作品の特徴である、”お笑い+レズSM”という要素は今回も満載で、やってる事は果てしなくエグいのに、どいつもこいつも(表面上嫌がってはいますが)ノリノリなんですが、これをオッサン向け官能小説誌「問題小説」に載せて大丈夫だったのかは果てしなく疑問ではあります(後書き読む限り、作者側としても『挑戦』というか『(編集に対しての)挑発』的な位置づけだったみたいですが)。個人的にはこの人に関しては「地下室の幽霊」位のノリが一番好きで、ここまでやられると正直ヒいてしまうんですが、例によって個々の好みと相談してみてください、手に入る内に。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。