プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コバルトオリジナルドラマCD・1~2巻(ドラマCD・集英社)

今年最初の記事ですが、淡々とネタに触れていこうかと思います。まぁ大騒ぎする話でもないし(そうか?)。

さて、「マリア様」なんですが、AT-Xでの4thシリーズ放送が始まりました。文化祭で2話使うようですが、やっぱり金太郎邪魔(笑)。あとはエンディングの中嶋敦子はやっぱり何か勘違いしてると思います。「逮捕フルスロットル」も大概でしたが、アンタやり過ぎ。

今回のネタは小説コバルトの全員応募サービスのアレです(年末に出たラジオ版は購入するの忘れてました。現在アマゾンに注文中)。他作品も幾つか収録されてますが、基本無視という事で。

1巻目は「ハレの日」。♪優しさが近すぎて見えなくなるそんな日もあるよね… という訳で、理解し合っているようで丸っきり判ってない従姉妹の『革命』以前の関係と、スールの契りシーンを描いた作品になっとります。由乃が病気持ちだった時期だという事もあって、割と重めな話になってます。

2巻目は「光のつぼみ」。♪天使じゃないのよ貴方のイメージで見ないで欲しい私は普通の女の子…という事で、可南子視点での祐巳、そして瞳子との関わりが描かれてます。基本的に可南子ってのはラブコメの賑やかし要員(回が進む事で固定されてしまった恋愛?感情を引っ掻き回す為に登場する新キャラ)なんで、こーいう極端なキャラを振られちゃうのも仕方ないとは思います。

どちらもキャラ二人づつしか出てこない(名前は出てきますが)小品、しかも原作は文庫に収録済み(「ハレの日」はイラストコレクション、「光のつぼみ」はフレームオブマインド)という事で、手に入らなかったからといってどうこういう話でもありませんが(つーか、今更云うても遅いというか)、まぁこんなんもあるよ、という事で。

…そういえば、声優の違う最初のアレは触れてなかったような気がするな。どうしよう?

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。