プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のカルマ・1巻(橘公司・富士見書房ファンタジア文庫)

しかしまぁ、新人賞取ったばっかの新人の作品に『1巻』つける勇気がどの辺から出てくるのか良く判りませんが、そーいう契約なんですかね?ある意味、新人賞の作品ってのは1作に入魂せざるを得ない訳で、『ソレの続編』ってのは結構難しい気がするんですが(「スレイヤーズ」とか「ハルヒ」とか、大賞後の続編が迷走気味な作品多いし。まぁイチから書かすよりはリスク少ないんでしょうけど)、まぁその辺は『消費者』が気にすべき話ではないんですがね 面白ければなんだって構いませんぜ。出されたモノは残さない

この作品はいわゆる美少女戦記モノ(ぶっちゃけアレですわ。パンツ)に当たる訳ですが、そこで設定された『異世界』から更に異世界に召喚されるという、少し捻った構造になっとります。ただまぁ、只でさえ『異世界』を小説1本で説明するってのは面倒な話である上に、更に2重・3重で別の設定を説明してかないとイカンというのはかなり難しい話で、この話の場合には個々の世界がアリキタリなままで終わってしまっております(いやまぁ、後書きにもある通り、そーいうごった煮パロディ世界を目指したという事なんでしょうけど)。

とまぁ、そーいう基本的な話は置いておいて 駄目だろう、それじゃあ、このページ的なお話としてはどーかというと、主人公のクール美少女・駆真がたった一人の肉親であり、亡き兄の残した姪・在紗に寄せる、イッちゃった愛情が主題になってきます。国防をあずかる軍人であり、その美貌と戦果から、既に英雄的存在にまで祭り上げられている駆真の行動原理は全て彼女の為であり、彼女だけに見せる素顔は、歳相応、というかむしろ在紗の方が精神年齢高いんじゃないか位のアレっぷりになっております。

ストーリー自体は『異世界召喚モノ』を茶化したような展開になってまして まぁフツー、いきなり赤の他人に呼び出されて世界を救ってくれ云われても、俺には関係ねぇよと思っちまいますぁな、個人的には嘉門達夫の「ビデオを返しにいかなくては(あらゆる誘惑を振り切って、ただひたすらレンタルビデオを返しにいく歌)」を思い起こしたりしました。1巻を謳っている以上、2巻は出るのだと思うんですが、今回の話で抱えた様々なしがらみを解決する方向に向かうのか、それとも更に混迷の度を増していくのか、お手並み拝見といきたい所です。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。