プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまがみエメンタール(瑞智士記・一迅社文庫)

しかしまぁ、何のためにアイリス立ち上げたのかさっぱり判らなくなってまいりましたが、という事で、フツーの(筈の)一迅社文庫の新刊です。ペンネーム変わってますが、以前「幽霊列車とこんぺい糖」を挙げた方の新作だそうです いやまぁ、それをフツーに書いてしまったら、ペンネーム変える意味ないよーな気もしますが…

”一貫教育という名の牢獄にも似た、外界から閉ざされた全寮制の女子校に通う少女・心音。小等部進級直後に起こったある『事件』をきっかけに、発育不良のゴスロリ美少女・莉子の親友兼保護者兼ルームメイトとなった彼女だったが…”といった感じのこの話、莉子の抱えるキョーレツな性癖と、それに(若い美空で)快感を感じるようになってしまった心音の被虐嗜好が二人だけの閉ざされた関係の中でエスカレートしていった挙句に…といった展開を迎えます。学園生活を送る間に二人の関係を揺さぶる少女が2度ばかり登場するんですが、流石にこの厄介な関係に割り込む事が出来ず(そりゃそーだ)、かといってそれを非難する訳でもなく、速やかに退場していってしまいます。

まぁなんつーか、やってる事とすれば吸血ネタと大して変わらないとは云え(ストーリー的には「吸血の季節」辺りを思い起こさせますな)、字面の凶悪さはピカイチで、巻末後書きの作者セルフつっこみ”どこが甘噛みだ!”が全てを物語っているような気がします(とはいえ、本当に食べちゃってる訳じゃないんですがね)。そんな訳でとてつもなくヒトを選ぶ作品になっておりますが、少なくとも管理者が読んだ限りでは一迅社ライトノベルではブッちぎり バトルハカーズに果物度の高い作品なのは確かなんで、帯見てヘンな寒気を感じない方はチェック入れといてもバチは当たらないかと。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。