プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびでびっ!・3巻(寺本薫・芳文社まんがタイムKRC)

入れ替わりの激しいきらら系萌え4コマですが、こちらは淡々と終結を迎えておりました(まぁ、”いつの間にか載ってない”に比べれば遥かにマシなんですがね)。「百合天国」などへの寄稿もある方のCarat連載作の最終巻です。

個人的にはリリィ(魔界のプリンセス)とリョウ(おっとこまえなヒロイン)、双方の行方不明の父親の正体が同一人物なんじゃないかと思ってまして、終盤はそーいう展開に振ってくるものだと勝手に思い込んでいたんですが、その辺の話には触れられず、オバQモノ(笑)のお約束通り、「リリィが魔界に帰ってしまう!(しかも二度と戻れない)」という方向性に振ってまいりました。まぁなんつーか、ラストのハッピーエンドも含めて予定調和に終わってしまった感がありありで、もうちっと捻りようがなかったのかという気もしないでもないんですが、(スズナリばりに)あんまりシャレにならないラストを迎えられても困ってしまうんで、綺麗に終われただけ良しとすべきなんでしょう それこそ「奥歯に挟まったモノ」症候群よりは…ねぇ

リリィとリョウの関係は徹頭徹尾仲の良い姉妹レベルに終わってしまった(この辺も異母姉妹説の根拠でもあるんですが)事、リョウ←凛子←ラキの片想いルートが突っ込み切れないままだった事など、果物的には残念な部分もありますが、カバー折り返しの仕込みなどもありますんで、(管理者含めて)そういうレベルもチェックしておきたい方はどうか一つという事で。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。