プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女革命アヤメの!・3巻(志茂文彦・メディアファクトリーMF文庫J)

引き続きラノベねた。2巻読んだ記憶がないんですが(そして例によって本棚には刺さっているという)、3巻にて終了、の模様です。

”『封印の扉』が弱まりつつあるというのに、何を考えてか突如学園のヒロインから冷酷な独裁者に暮らすチェンジした姫子。かつての仲間達が次々と捕われていく状況の中、姫子に何故か瓜二つの少女・アヤメは、成り行きで反抗組織のリーダーに祭り上げられてしまい… ”といった感じで始まる第3巻は、『敵』との決着、そしてアヤメの正体を巡って展開していきます。

正直、『敵』の正体とその思惑に関してはどーかと思わんでもないんですが(壮大な自作自演というか、マッチポンプも大概にせいというか。まぁ「本来弱者救済の為の手段が、いつの間にやら既得権益化してて大笑い」なんてのは、現実にも幾らでも転がってる話なんで、スゲーリアルだと云えなくもないんですけど)、1巻に触れた時に書いた最大の懸念”アヤメって実は♂じゃね?”については杞憂に終ったんで、まぁ良かったとしておきたい所です(まぁこの『正体』もアレっていえばアレなんですが)。取り敢えず最後までブレはしなかったんで良しとしておきます(偉そうだな)。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。