プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Megamiマガジン・2009年9月号(アニメ誌・学習研究社)

創刊10周年という事で、こんな病んだ企画誌が10年も続いたのかと思うと、思わず植木等「これで日本も安心だ」を歌いたくなる気分ではございますが、まぁそれはそれとして。10年目にして強力…というか瓜二つ過ぎるライバル誌も登場して、エライ危機感が滲み出す今月号でございます。ここのところ購入しておりませんでしたが、流石にこれは買わん訳にもいきませんで…。

まずは別冊付録の長谷川光司「魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS 特別編」です。まぁ色々ありましたが(笑)、やっぱこの方の絵が一番良いです(無意味なパンモロは控えめにしませう。誰とはいいませんが)。ストーリーとしてはコミック版連載時に物議を醸した『なのはVSシグナム死闘編再び』といった内容で、ハレの舞台に張り切りすぎる戦闘馬鹿二人に付き合わされるフェイト(さんは心配性)と、そして面白がってみてるはやてという、まぁ予想通りの展開を見せております。かつての六課メンバー他もギャラリーとして参加しておりますが、無邪気にスゲースゲー云うてるスバル達に比べ、なんか顔色悪いティアナとディエチなど、細かいお楽しみ所は満載の内容となっております。しかし、髪型変えたらフェイトはリンディさんにそっくりだな。血ぃ繋がってないんだけど。

で、もう一つは既に4作目となった「サウンドステージM」なんですが、今回はストレートにドラマCDとして聴ける内容になっとります(まぁ今までのはどちらかというと声優ファン向けのサービス品でしたし)。「八神さんちの休日風景」と題された今回は、あるイベントから10年を迎えた新生八神ファミリー(アギトが加わってます)の様子を描いております。ドラマCDしか出番がないザフィーラとシャマルのファンは必聴でしょう(他では見掛けないし)。あぁそーだ今回珍しくフェイトの出番がありませんが、はやて曰く「なんだかんだでフェイトはなのはと一緒に居る」だそうで(まぁ少ない休日の度に高町家に居るみたいだし>フェイト)。

本誌記事はやっぱり映画版の話題ですかね。またもや夏コミで阿漕な商売するみたいですが、他はともかくドラマCDはなんとかせんといかんな…映画本編はたぶんDVD待ちになると思います。

とりあえずなのは関連についてはこんな所ですか…いや、その次のページに大きい話題が一つあった。劇場版ストーリーのコミカライズ版が11月号から長谷川光司氏の手によって掲載されるようです。良かった…本当に良かった 正直角川のやり口は…ねぇ

他はいつもどおりのMegamiマガジンです(というか他読んでないだろう>自分)。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。