プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみものがたり・1巻(葛城彰・マッグガーデンブレイドC)

TVアニメ製作におもちゃ屋が金出さなくなってから幾星霜、今や(製作委員会という名の)出版社の広告媒体と並んで重要な資金源となってしまった『パチ屋の上がり』作品のコミカライズ版です(事の始まりは大工の源さん辺りですかね)。例によって録画したのに見てない状態ですが、割と直球のガールミーツガール話として始まったという事なんでチェック入れてみました。

”素直になれないお年頃な少女・夏音は♂恋人との喧嘩の真っ最中。そんなイライラ気味の彼女の前に現れた二人組のビキニ娘・マリンとウリン。封印が解かれた『魔』を再度封じる為に地上界に現れたという彼女達は、夏音の家に転がり込む事になるのだが…”といった感じで始まるこの話、見て判る通りヒロイン・夏音には決まった♂が居る為、直球で果物と言い張るにはかなり無理がある設定となっております(この辺アニメ版はどう処理してるんだか)。ただまぁ、あまりに無垢なマリンとの友情の他、第3話で登場する『おせっかいな幼馴染み』・鈴木さんの話であるとか、全くフックがないという訳でもないのですが。

元々作品に関して隔意がある(パチ屋はなぁ…)上に、コミハイでやってる成原とんみ版のノーテンキさ(実は根幹のストーリーは同じだったり)に比べて、この題材でシリアス方向に舵を切る意味がイマイチ見出せていないんですが、取り敢えず継続審議という事でお願いします。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。