プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMICリュウ・2009年10月号(コミック誌・徳間書店)

”ヒロイン二人がローション風呂で全裸強制密着”というシチュは次号のお楽しみになるかどうか微妙な所ですが、それはそれとして今月のリュウです。

地域によっては既に2巻が登場してるかと思いますが、平尾アウリ「まんがの作り方」は第16話。長編ラブコメのお約束要素・お邪魔虫キャラとして登場の武田さんが複雑な心境を披露しています。まぁ確かに、曲りなりにも商業作家二人組が締め切り寸前で遊んでる姿見てれば、デビューできない己の境遇を呪いたくもなりましょうが、さて、この人は『恋愛方向で』絡んでくるキャラになるんでしょうか?

そしてこちらも2巻が明日発売予定の天蓬元帥「ちょいあ!」ですが、ここの所続いていたまわたの片思い(幼馴染みは結ばれない、って奴ですな)は一応の解決…を見せたんですかね。マユ子への想いを無理やり吹っ切った形の彼女、取り敢えずは同人原稿描きに『逃げて』おりますが、さて。

相変わらず龍神賞は他では絶対ありえない絵柄の作品が受賞していく訳ですが、今回もフックありの作品が掲載されております。黒谷知也「二鳥翠」がそれで、”背高ショートが災いして、『学園の王子様』扱いな少女・二鳥。ソノ気もない彼女は周囲の反応を迷惑に感じていたのだが、まるで自分の数年後の姿のような喫茶店のお姉さんに出会ってしまい…”といった感じの話なんですが、それよりなによりモノスゲェ絵だなぁってのが先に来てしまってニントモカントモ いや、うまい下手の問題じゃなくて、どこをどうみても今の売れ線じゃない、って事で

そしてこちらも龍神賞受賞作から3話目になる夢乃むえ「狐に嫁入り(さえもえな日常・3話)」なんですが…おぉいきなり急展開。”双子の片割れ・萌に稲荷神が憑いてしまった!豹変した彼女の性格に違和感を拭えない紗英はなんとか『彼』に穏便に出て行って貰おうとするのだが…”といった感じで始まるこの話、色々あって稲荷神の『恋人』である貴船(龍神様)の力を借りる事になる訳ですが、その方法というのが、”紗英も貴船に身体を貸して、萌から稲荷神を吸い取って貰う”ものでして。えぇと、双子は両方とも意識も感覚も生きてるんですが(笑)。一体そこで『何が』起こったのかは残念ながら描かれていませんが、ラストページの柱には”姉妹に新たなる絆がまたひとつ…”と書いてありますんで、多分そーいう事なんでしょう。

前述のように(他に行き場のない)ベテランと龍神賞出身の(角川HDではまず見られないような絵柄の)作家陣によってカオスの極みと化しているリュウですが、次号3周年記念号では何故か手塚治虫絡みの企画が幾つか用意されているようです。目玉は福山慶子の描く「ふしぎなメルモ」…って何故?

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。