プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクターヴ・3巻(秋山はる・講談社アフタヌーンKC)

2巻末の暗雲立ち込めるヒキからどーなったのか、非常に怖い所ではありましたが読まん訳にもイカンので(いやまぁ、「いきなりCAN^2」とか「キスショット」みたいに”続きはなかったことにした”話も個人的にはいろいろあったりもするんですが)、買うて来ました。

”節子の不用意な発言に惑わされ、遂に♂と(一夜限りとはいえ)関係を持ってしまった雪乃。ところがまさにその真っ最中、節子は『過去の♂』との対話の中で、雪乃に対する想いを自覚してしまい…”といった感じで始まるこの巻、泥沼の展開になるかと思いきや、割とあっさり目に『雨降って地固まる』方向に収束したようです。そーいう意味ではほっと一息なんですが 節子の『弱さ』を知った事で、あまりに一方的だった関係が大分改善したようですし。プレイ(笑)の様子を見る限り、どちらもモラトリアムな状況を脱する事が出来ず、どんどん狭い方狭い方へと進んでしまっていて、このまま行くと心中オチとかヤな展開も見えてきそうなんですが、どっかで一発逆転の手が打てるんですかね?まぁ何にせよ、3巻待つ時よりは気楽に4巻が待てそうです。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。