プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノブレスオブリージュ(小松遊木・ソフトバンククリエイティブGA文庫)

こんな単語聞いたのは(A)D&D以来のような気がしますがそれはそれとして 騎士典範…でいいのか? 。レーベル乱立のおかげか、昨今氾濫気味のラノベ新人賞のひとつ、GA文庫大賞の奨励賞受賞作、だそうです。

”『剣術』の名門、茅森家に生まれた女子高生・桜子は、祖父の命で流派の大名跡『楠葉』を与えられた。若年の上に親の七光りとも採られかねない襲名に周囲との軋轢は避けられない状況であったが、彼女は従剣士にして忠勇たるメイド・小冬と共に、敢えてその苦難に立ち向かって行く事に…””『剣術』への真摯な情熱を同門の令嬢・沙矢香に見初められた平民な『剣士』・亜未は、彼女の従剣士として生きる道を選択した。そんなある朝、『剣術』を悪事に使う『賞金首』の男と対峙する羽目に…”といった感じで始まるこの話…はいいんですが、なんで荒筋が二つあるかといえば、単純に主人公格のキャラが二人居るからです。でまぁ、偶然出会ったこの二人と、彼女らが後に所属する事となる学園自治組織・ルミナスフォースの面々を交え、ちょっと変わった女子校生徒会モノとして展開していきます。物凄くぶっちゃけた説明をすると、沙矢香が祥子、亜未が祐巳、桜子が志摩子、そして七海(ルミナスフォースのメンバーの一人)が聖だと思えば大体印象は間違ってないと思います(いや、別にパクリがどうとかいう話じゃありませんが)。

まぁなんつーか、荒筋の所で触れた通り、本来2つの話に分けてすべき展開を、1冊にまとめてしまった感が強く、なんだか焦点が定まってない気がしないでもないんですが、この辺は個々の感性にも拠るかも知れません(話自体はそんなにややこしい訳でもありませんし)。引き、というか今回単なる導入部として書かれてますんで、そのうち続編も出るんじゃないかと思うんですが、さて、どうなる事か。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。