プロフィール

ikasaki2010

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらりちぇっと・1~2巻(月見里中・芳文社まんがタイムKRC)

「まん研」3巻の時に触れた”もっと重要なブツ”というのはコイツです。殆どノーマークだった そして1巻は例によって本棚に刺さっていたんですが、ラストで豪快にキめてきた作品です。

”夏休み期間中にやってきた謎の転校生・さくら。豪邸にただ一人で住まい、何かと不審な過去を持つらしい彼女に疑問を抱きながらも友人となった富豪の娘・九(いちじく)、残念な天才・ルナ(こーちゃん)、謎の突っ込み白コウモリ(違う)・ゆかり(わんちゃん)の3人組は、彼女らの財力と知力を生かしてさくらの家に増設された温泉宿(!)を拠点に、まったりとした高校生ライフを送る事に…”といった感じで始まったこの話、女の子4人組のダラぁっとした学生生活を描くという、” これがきららだ、これがきららの4コマだ!”と云わんばかりの展開を辿っていきます。直球果物な九。さくらに懸想している彼女は、その無駄な資金力を生かして、事ある毎にモーションをかけてはみるんですが、さくらにあっさりスルーされてしまいます。この辺も「トリコロ」や「悪魔様へるぷ」辺りを連想させますな どこまでテンプレなんだか

…とまぁ、その辺の事もあって基本スルーしてたんですが、終盤のシリアス展開を経て、急転直下のラスト1ページを迎えます(雑誌掲載時に唖然としました。やりゃあがった…)。一体二人に何が起こったのか?そして、(KRCお馴染みの)単行本描き下ろしの『その後の4人…ではなく2組』まで、興味ある方はチェックしてみてください。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。