プロフィール

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜀漢その後・その7

続けて、継続購入物件まとめて行きます。

・リカレントブルー・2巻(かわらじまコウ・講談社ミチャオKC)

発売予定が大幅に伸びたり、何故かタイトルが変更になりそうになったり(発売予定表だと一時「セカンドシーズン・1巻」になってたんですわ)と、紆余曲折あったらしい義姉妹バトルロワイヤルの2巻です。が…期待していた方向とは全然違う方に向かっていってしまい、正直シオシオのパーです。こーいう題材でやる以上、『愛』『憎』半ばしたやりとりがなきゃ嘘だと思うんですが、みんなあっさりゲームにノっちまった日には、単なるバイオレンスアクションでしかありません。つー訳で、個人的にはここまででオリさせて頂きます。

・プアプアLIPS・2巻(後藤羽矢子・竹書房バンブーC)

掲載時に読んでる関係で、個人的にはあんまり新鮮味を感じていないんですが、久しぶりに単行本にまとまりました。大雑把に云うと”レンの母親が現れて、ナコとの仲(いや、実際にはナンもないんですが)を裂こうとするものの失敗、彼女の最終手段として家を追い出されたレンは、ナコのアパートに転がり込む事に…”というのが2巻の展開となります。なんだかんだで貧乏生活に適応してしまっているレンの姿を見ていると懲罰としての意味合いがあんまりない気もしますが、さてどうなる事やら 実は雑誌掲載分では大きな動きがあったんですが、その辺は3巻以降のお楽しみという事で

・あきそら・3巻(糸杉柾宏・秋田書店チャンピオンREDC)

色々突っ込まれるのもアレなんで最初に書いときます。流石に限定版は買いませんでした(笑)。連載では果物オチの目が見えてきたものの、収録された範囲ではそのような要素はかけらも見られません(号泣)。とりあえず4巻以降期待という事にしといてください…。

…あぁそーだ、同時発売された「クェイサー」8巻も女装♂女子校潜入ネタなんで無かった事にしときます(ゲスト二人はそーいう方向にオトしてくるかも知れませんがね)。

・世界制服セキララ女学園・3巻(水あさと・講談社シリウスKC)

2巻途中からのバトルロワイヤル風欝展開は全くの肩透かしで終わり、平常運転のバカ話に戻りました。は、いいんですが、前にも書いたとおり、管理者は講談社のギャグ路線とは徹底的に合わん為、どっちにしても首捻るしか仕様が無かったりします。あまつさえ女装♂ネタまで絡んでくるしなぁ…うーむ。

・しはるじぇねしす・6巻(近藤るるる・メディアファクトリーMFCアライブシリーズ)

アライブ創刊から続いたこの漫画も、遂に最終巻となってしまいました。天界の覇権を狙う三天使(いや、狙ってたのは2人だけのよーな… )登場以降の欝&グダグダ展開には正直困ってしまったんですが(このキャラでデビルマンやられてもなぁ…)、とにもかくにもハッピーエンドに辿りついてホッとしてはおります。ただまぁ、掲載時にもちょっと書きましたが、オチがほぼコンパチな「ストレイリトルデビル」の方が果物的にはより正解かと。

・クイーンズブレイドHide&Seek・4巻(南崎いく・角川書店Cエース)

乱立状態の続くコミカライズ版QBのコンプエース版・4巻です。本戦開始して美少女(一部例外あり)同士の殺し合いが続いている訳ですが、やっぱり死人は出てません(そりゃそーだ)。今巻ではノワVSエリナ、ユーミルVSクローデッドがメインになっとります、そして次戦は…という事で引いてますが、前にもちょっと書いた通り、ちょっと『覚悟』の足らんかった姉妹の骨肉相食む戦いがどう展開するのか、といった感じですかね。

ここまでで一旦切ります。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。