プロフィール

Author:ikasaki2010
”やめるのやめる”のを繰り返す天邪鬼

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

えるもの採取日記
【注意】オンナノコドーシの関係を描いた話に関するチラシの裏。そう露骨な表現はないと思いますが、各作品の想定読者層は問わない為、ヲンナコドモの閲覧は全く考慮してません。嫌な人は退避願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録 5/1

うーむ、やっぱりどうにも更新が遅いねぇ…というか、アホほど買うてる単行本について全然触れられてないのがマズい…。

・電撃大王GENESIS(2010/春)

GENESIS2号目。【新連載】介錯「ユメキ」→"転校生・夢起に群がっていく生徒達。ヒロイン・計の親友・舞もその一人で、少し寂しくも感じていた計だったが、いつしかその執着の度合いは異常さを加えていって…"という訳で、2話以降どうなるのか良く判りませんが逆吸血鬼モノとして展開してくんじゃないかと思われます。ちとスプラッタ度が高すぎて、個人的にはあんまり合いませんでしたが。果物ネタとなるかはこちらも2話以降どうするかですな。【新連載】稲井稲井「スキマノスキマ」→連載昇格。前回読切と同様、女子高生達のオカルト気味SF(すこし、不思議)話として展開する模様。果物云々いうよりオールガールストーリーとして読んだ方が良いかね、今の所。空想画廊(2)→女子校版『学校の怪談』路線で展開していく模様。今回は『音楽室の殺人楽譜』がテーマ。トカレフの危うい城(2)→謎は謎を呼びつつ彩花の寄宿舎生活はスタート。学内で展開される行き過ぎたスール関係に困惑しきりな彼女は、『姉』・浩子のトンでもない姿を目撃してしまい…。で、掲載作での果物関連はこんな感じですが、巻末コラムの「レコマガ!」に何故か「つぼみ」編集部へのインタビューが掲載されとります。電撃と芳文の関係については色々腑に落ちない点も多いんですが(作者の移動とか考えると…)、取り合えず興味ある人は読んどいてください。単行本にはなりそうもありません。

・コンプエース(2010/6)

なのはVivid(12)→模擬戦開始、は良いんですが、団体戦云うといて単なるシングルマッチ×6で開始しちゃうとなんだかなぁという気分が。ヴィヴィオのディバインバスターはスバル式なのな。そしてただ一人手の内を(作中で)晒していなかったコロナの魔法はゴーレム使役の模様という事で以下次号。あぁそーだ、コンプエース版クイーンズブレイドが次号最終回で、入れ替わりでストライクウィッチーズの漫画が(娘TYPE版とは別口で)始まるようです。

・アライブ(2010/6)

ささめきこと(37)→いきなり下級生のターンに突入して2話目。純夏への想いを自覚してしまったまゆと、そんな彼女の体たらくを目にして、今度は自分が抱いていた想いに気付いてしまった恋乃、二人の報われそーもない恋心が渦巻く中(そしてやっぱり全てを悟っている朋絵さんだったり)、女子部改め女子空手部は初の大会に突入。あっさり見えてきてしまった全国大会を前に、まゆの決意は見事に空回りして…という事で次号。

・娘TYPE(7)

なのはForce(6)→敵尖兵VSシグナム・アギト戦開始。なんかシグナム姐さんに強烈なカマセ臭が…StrikerSでもそーだったし、仕方ないんだけどさ。あぁそーだ、いつのまにか河南あすかの補完4コマが始まってました(だから読めよ、ちゃんと)。ストライクウィッチーズ(5)→ドイツ編の前編。相変わらず宮藤宮藤云ってんのか、このねーちゃんは。新キャラは(未だ完成してない)ジェットストライカー乗りのヘルマさん。『ズボンなしでも恥しくない』ハルトマンの矯正はなるか?(無理目)

・メガミマガジン(2010/6)

なのは1st(1-4)→流石にアレ一発で終わり、だと二人の物語が始まらないので、模擬戦継続。やっぱ頑丈だねぇ>なのは。ここに来てようやくレイジングハートの過去がちょっぴり判明。実はユーノが遺跡で入手したもので、『それ以前』については全く謎でした…ってアンタ(まぁ素人同然のなのはが短期間でフェイトと戦えるようになった以上、単純にユーノの所持品って訳じゃなかったんだろうけどよ)。そして今度はなのはのターン。相変わらずツメが甘いというか、反撃を予想してないというかなフェイトの隙をついての一撃がヒット。ほぼ互角のまま次号へ続く事となりました。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。